カテゴリー別アーカイブ: 未分類

2020おことわリンク連続学習会: 【第4回】オリンピックはスポーツをダメにする!?

2020おことわリンク連続学習会(第I期)

【第4回】オリンピックはスポーツをダメにする!?

日 時 10月9日(月・体育の日)14:00〜(13:30開場)
会 場 アカデミー音羽 多目的ホール(文京区大塚5−40−15)
メトロ有楽町線「護国寺駅」出口1から徒歩2分
(地図)https://goo.gl/maps/fgDcdBqZvfz
資料代 500円

◎おはなし

・山本敦久さん(成城大学教員)
アスリートたちの反オリンピック

・岡崎 勝さん(自由すぽーつ研究所・所長)
オリンピック精神からスポーツ・体育を問い直す

近代オリンピックの立役者、クーベルタン男爵が唱えたオリンピック精神とは「スポーツを通して心身を向上させ、文化・国籍などさまざまな違いを乗り越え、友情、連帯感、フェアプレーの精神をもって、平和でよりよい世界の実現に貢献する」というものでしたが、男爵自身が1936年のナチス・ベルリン五輪を高く評価したことでも有名です。巨大な国家的商業イベントはスポーツにとって本当に必要なのか。また近現代スポーツそれ自身に対する問いかけを反オリンピックを通して考えることは可能か。アスリートたちの反オリンピックの歴史を掘り起こす山本敦久さん、「汗と涙と感動のスポーツ」がもつ社会操作性が学校からスポーツ界全体を通して浸透すると警鐘を鳴らす岡崎勝さんに聞く。

山本敦久さん:成城大学社会イノベーション学部准教授(スポーツ社会学)。著書に『反東京オリンピック宣言』(編著、航思社、2016)、『身体と教養』(編著、ナカニシヤ出版、2016)、『オリンピック・スタディーズ』(共著、せりか書房、2014)など。

岡崎勝さん:フリープログラムスクール&放課後等児童デイサービス「アーレの樹」理事、元名古屋市教員、学校マガジン『お・は』編集長、『みんなでトロプス 敗者のいないゲーム』『反オリンピック宣言』(ともに風媒社)

■今後の予定

◎第5回 12月2日(土)午後
会場 一橋大学東キャンパス国際研究会4F大教室
ナショナルイベントと東京五輪
天野恵一さん VS 鵜飼哲さん

◎第6回 2018 年3月(日時・場所未定)
3・11と東京五輪


「2020 オリンピック災害」おことわり連絡会(おことわりンク)は、東京五輪を私たちの日常に対する「災害」であると捉え2017 年1 月22 日に結成。「オリンピック災害おことわり」の運動を国内外でリンクさせることを目指し、五輪東京開催を返上し、近代オリンピックの歴史に終止符を打ちたいと考えています。未定情報などはFacebookの「東京オリンピックおことわりンク」や下記ウェブサイトで確認を。

★「2020 オリンピック災害」おことわり連絡会(おことわりンク)
千代田区神田淡路町1-21-7 静和ビル1 階A
スペース御茶ノ水気付(ATTAC 首都圏)
電話 080-50520270  メール info@2020okotowa.link
ウェブサイト http://www.2020okotowa.link
Facebook http://fb.com/1378883338802691
★カンパを! 郵振 00120−7−324492
「オリンピック災害」おことわり連絡会

オリンピック災害おことわリンク連続講座( 第一期) 第3回 7月 15 日(土)

オリンピック災害おことわリンク連続講座( 第一期)
第3回 7月 15 日(土) 14:00~17:00
パラリンピックは
障害者差別を助長する
おはなし 北村小夜さん
会場 千駄ヶ谷区民会館 第1会議室( 原宿駅徒歩 10 分)

■ 第4回 10月9日(休)14:00~17:00 ( 場所未定)
オリンピックはスポーツをダメにする!?( 仮題)
山本敦久さん(成城大)VS 岡崎勝さん(名古屋市教員)
■ 第5回 12月 (日時・場所未定)
ナショナルイベントと東京五輪
天野恵一さん VS 鵜飼哲さん
■ 第6回 2018 年3月(日時・場所未定)
3・11と東京五輪
「 2020 オリンピック災害」おことわり連絡会(おことわりンク) は、 東京五輪を私
たちの日常に対する「災害」であると捉え 2017 年 1 月 22 日に結成。「オリンピック災害おことわり」 の運動を国内外でリンクさせることを目指し、 五輪東京開催を返上し、近代オリンピックの歴史に終止符を打ちたいと考えています。 未定情報などは Facebook の「 東京オリンピックおことわりンク」や下記ウェブサイトで確認を。

千代田区神田淡路町 1-21-7 静和ビル 1 階 A( ATTAC 首都圏気付)
電話 080-50520270 info@2020okotowa.link http://www.2020okotowa.link/
カンパを! 郵振 00120−7−324492「オリンピック災害」おことわり連絡会

ピープルズプラン76号オリンピック含む2020年特集

ピープルズプラン研究所の季刊誌『季刊ピープルズプラン』76号が2020年問題を特集し、オリンピックに関する諸問題について突っ込んだ批判的な論考や座談会を掲載しました。


PP76号目次

【特集】2020年問題――東京オリンピック・原発再稼働・改憲・天皇「退位」
◆特集にあたって/天野恵一
◆【座談会】東京オリンピックへ向かう天皇政治と安倍政治/首藤久美子×宮
崎俊郎×鵜飼哲×山田和秋
◆アベノミクスと2020年――延命への危険な賭け/宮崎礼二
◆歴史は繰り返される。一度目は悲劇として二度目は茶番として――当初の約
束を無視して東京都が費用負担させられる例は今回が初めてではない/アツミ
マサズミ
◆共謀罪――「道義的刑法」の亡霊と自民党改憲の先取り/小倉利丸
◆原発事故から6年の福島と『復興』オリンピック/黒田節子
◆〈天皇政治〉と〈安倍政治〉――「明治150年祭」、即位30年「生前退
位」・新天皇「即位」・「新元号」・改憲、東京オリンピックという政治プロ
グラム/天野恵一
◆クローズアップされるパラリンピック――競うものである限り差別は拡大す
る/北村小夜
◆東京オリンピックと国家戦略特区/奈須りえ
◆「対テロ戦争」隠蔽する「平和と民主主義」の象徴/中嶋啓明
◆二つのオリンピック――ベルリン(1936)とミュンヘン(1972)/
米沢薫
【現場から】
◇警視庁機動隊の沖縄・高江派遣をめぐる住民監査請求&住民訴訟/梶野宏
◇被爆地懐柔の完成?――オバマの訪広後の長崎/山口響
◇グローバル・サプライ・チェーンの現実から「国際労働規制」の強化と新た
な「労働運動」の流れ/遠野はるひ
【いまを読み解く】
■真の「市民革命」は実現できるだろうか――朴槿恵大統領弾劾・拘束がもた
らす韓国社会運動への影響/李泳采
■福島第一原発事故から6年――分かったこと分からなくなったこと/変わっ
たところ変わらないところ/山崎久隆
【グローバル討論空間12】
クアラルンプールで考えたこと――アジア現代思想という試み/原民樹
【連載シリーズ】
◆連載エッセイ 営みとしての思想 第4回
営みとしての思想/花崎皋平
◆『敗戦後論』再考 第9回
戦争責任の論理/松井隆志
◆新連載 リレー書評①
「リベラル」と「左翼」の合流の「展望」はあるのか/天野恵一
【書評】
▲フレデリック・ロルドン[著]/杉村昌昭[訳]『私たちの”感情”と”欲望”
は、いかに資本主義に偽造されているか?』/片岡大右
▲ピエール・ラビ[著]/武藤剛史[訳]『良心的抵抗への呼びかけ――地球と人
間のためのマニフェスト』/鶴田雅英
▲李泳采著『アングリーヤングボーターズ――韓国若者たちの戦略的選択』/
北野誉
Culture Review
[art]
アート・アクティヴィズム84:演劇「白い花を隠す」――NHK・ETV改ざん事件
から、抑圧の連鎖を断つ試み/北原恵
[column]
ながさわセンセイの高校白書(17) 高校入試について/長澤淑夫
◆戦後研報告/松井隆志

==============================================
ピープルズ・プラン研究所(PP研)
事務局
住所: 〒112-0014
東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル2F
電話: 03-6424-5748 FAX: 03-6424-5749
URL: http://www.peoples-plan.org/jp
E-mail: ppsg@jca.apc.org
facebookページ: http://on.fb.me/NIAlYV
twitter: @ppsgj
==============================================

A Protest Message

Jan.25, 2017

  We protest against the crackdown on and an unjust arrest at the anti-Olympic Games demonstration on Jan.22nd. We declare No Thank You to human-rights-disregarding Olympics!

from a Group Linking Okotowari(No-Thank-You’s)to 2020 Olympic Disasters (OkotowaLink)

c/o Space Ochanomizu Attac Metro Area, 1A Bld.Seiwa, 1-21-7 Kanda awajichou ,Chiyodaku, Tokyo

http://www.2020okotowa.link/

On Jan.22nd, we held a rally to start a movement to say No! to 2020 Tokyo Olympics hosting and to pursue its return (Okotowari).

Prior to the rally, many of our members joined a demonstration “No Thank You to Olympics First! Stop Olympics” organized by an Anti-Olympics Group who share our anti-Olympics views and joined our rally after the demonstration.

That day the demo, even before its start from Harajuku Station, was surrounded by quite a number of detectives from the Public Security Investigation Agency, which created an extraordinary atmosphere: policemen on guard kept provoking the demonstrators by pushing them and unnecessarily restricting their moves. What’s more, plainclothes placed on the outer side of these detectives kept close watch unjustly taking videos.

In such a situation one of the demonstrators was suddenly dragged out of the file, pushed onto the ground and arrested. It happened in broad daylight when many people were walking around on the busy downtown streets.

The arrestee was immediately taken to Akasaka Police Office and held there until the afternoon of the 24th, when he was released by a public prosecutor’s judgment. This release was a matter of course, for the

charge brought against him, an“obstruction of public officials’ execution of public duties” hadn’t existed to

start with. But this arrest made us realize the will of the governing power to suppress anti-Olympics views with whatever charge they can think of.

In our declaration adopted at the end of the rally after the demonstration, we pointed out the outrageous spending of a sum total of 2,300,000,000,000 yen for the Olympic and Paralympic Games which last only 2 weeks, the distribution of the money among concession hunters in political, financial, and sporting circles, the on-going destruction of many residents’ bases of living and their expulsion from their residential areas for the construction of Olympic facilities and infrastructures, the suppression of various voices protesting against these violences and questioning the Olympics itself, the cracking down on civil movements and the building-up of a civil surveillance set-up in the name of anti-terrorism as evidences of “rights-and-lives destruction solely for the Olympics,” and named them all “Olympic Disasters.” The crackdown on the very day of this declaration gave us a vivid image of the disasters we will be mercilessly assailed by as we go raising our anti-Olympics voices from this very day on.

 Present day Japan is messed up with such man-created disasters as the covering up of the victims of the nuclear accident and of its continuing radiation by advertised “Resurrection Olympics” and “Fukushima Under Control,” and the daily-threatening of Okinawans’ lives by the US Bases in existence and in the process of being newly constructed under the Japan-US Security arrangements. If the 2020 Olympics is going to be a celebration of/by these disaster creators, all we do is to raise our voices to refuse its whole.

These disasters are on the rise but our protests against them have already begun. Struggles against Olympics have been relayed on in various areas in Japan and in other parts of the world. Our counter attack against the crackdown on the 22nd is one of them. We are determined to stand together with these struggles and carry on ours in solidarity with them.

We Condemn Crackdowns on Expressions of Anti-Olympics !

We Demand Akasaka Police Office Admit the Unjustness of the Arrest and Apologize to the Victims of the

Crackdown on the Jan.22nd. Demonstration !

We Refuse a Festival built on Disregard of Human Rights and Expulsion of All Kinds !

【緊急声明】1.22五輪ファーストおことわり!オリンピックやめろデモ 不当逮捕に抗議!

1月22日(日)、私たち反五輪の会が呼びかけた「五輪ファーストおことわり!オリンピックやめろ!デモ」において、参加者1名がデモ隊列から引きずりだされ、連れ去られ、逮捕されるという、トンデモない弾圧事件が起こった。

警視庁の行いはデモ妨害以外の何ものでもなく、法令の根拠を欠く職権の濫用である。

私たちのデモは、人間の尊厳を傷つけ、人々の生活を破壊するオリンピック、そして、そこにはびこる暴力に対して、参加者それぞれのスタンスを調和させながら、断固とした不服従と反対の意思を示そうと行われたものだ。

警視庁公安部よ。

諸君が「妨害」されたという「公務」とは、一体どういう必要性にもとづくものであったのか?

あなた達の憎悪は「犯罪」に向けられているものではなく、ただこの「国策としてのオリンピックを受け入れない」という、私たちの「非-従順な態度」に向けられたものではないのか?

地獄の東京五輪開催まで、あと3年半―。

ここに到ってオリンピック・パラリンピックは、遂にそのどう猛な牙を剥き出しにし始めた。

そして「治安維持」「テロ防止」のエサに群がり跳ね回る黒ネズミこそが日本警察である。

折りしも「共謀罪」の設置が、性懲りもなく実行されようとしている今日。

オリンピック反対を叫ぶ街頭アクションへの弾圧が、いよいよ現実のものとなってしまったのだ!

人の自由を力づくで押さえつけ、「生き血」を吸いとって行われる“平和の祭典”を、どうして「笑顔」で迎えることなどできるだろうか!!

決して笑わぬ者を、白昼の交差点でなりふり構わず路上に叩きつけねじ伏せ、表舞台から連れ去り、隔絶し監禁し痛めつける。それが、“東京五輪でおもてなし”の実態なのだ。

人の尊厳を知るものとして、私たちは絶対にこのような卑劣な弾圧に屈しない!

私たちの不服従の意思は、どこまでも増殖する。

利権にまみれた五輪カルテルは、恥辱を知ることなく、自らの舞台そのものを崩落させるだろう!!

オリンピック弾圧糾弾!!!

警視庁はいますぐ参加者を解放しろ!

2017年1月23日 反五輪の会
ブログ https://hangorin.tumblr.com
メール hangorin2020@gmail.com
___________

デモで不当逮捕された参加者は、警視庁赤坂署に拘束されています。
是非電話での抗議をお願いします!

警視庁赤坂警察署 03-3475-0110

※非通知発信は、電話会社への紹介で番号が特定できます。先方に電話番号を知らせたくないという方は、公衆電話よりおかけ下さい
——————
「オリンピック弾圧おことわり救援会」が立ち上がっています。救援会ブログにも今後ご注目ください(準備中)。
http://oidashisuruna.blogspot.jp

【お知らせ】1月22日反五輪の会主催のオリンピックいらない!デモ

正午に原宿、表参道の神宮橋からスタート。千駄ヶ谷区民会館まで約1時間のデモと沿道の歩行者のみなさんに災害オリンピックはいらない!のチラシを配布しました。沿道の関心は高く、チラシの受取りもよかったです。

デモ出発地点での集会

デモ!!!

デモ!!!