オンライン集会(8.29)

分断と差別、優生思想のパラリンピックに反対する!

★何が問題?!パラリンピックに反対する集会
 8月29日(日曜日)午後3時から5時 
  VIMEOによるweb集会です!
 スピーカー  岡崎勝(自由スポーツ研究所)
        北村小夜(元教員)
        増田らな(反五輪の会、特別支援学校教員)
 

集会中に中継をごらんの方で質問などある場合は、こちらのコメント欄にご記入ください。時間が許せば紹介などさせていただきます。

続きを読む

オンライン集会(8.29)」への3件のフィードバック

  1. admin

    集会開催中に、質問などあればコメント欄に記入してください。時間が許せばいくつか紹介したいと思います。

    返信
  2. 教育ジャーナリストの永野厚男

     念のため再送信します。文科省と東京都教育委員会の動向を取材し、批判的記事を書いている、永野厚男・教育ジャーナリストです。機器の関係で「小田様」PCを使ってます。先程まで文科省側への取材あり、入室が遅れました。岡崎さんと北村さんに、意見を兼ね、質問です。
     都教委が小中高校に無意味なオリパラ教育を押し付けてくるのに、校長らが教育行政にお断りする勇気を持って行動しないので、生徒に大切な他の教育の貴重な時間が奪われてしまう。特に五輪表彰式で、”君が代”を使うのは、多様性や平和に反し、国家主義の押し付けなのに、管理職への出世を狙う主幹教諭らは、ウソを教えている。
    〔1〕 都教委が2019年2学期に全都立高校に対し、「五輪参加国へのおもてなしだ」と称し、「五輪参加国の国旗を模した千羽鶴製作」を強制してきた。
     都教委は「計500羽折らせ、ビーズに通し、ツリー状にして、ボランティアサミット当日に持って来い」と言ってきたので、生徒会だけではできず、1・2年生全員に1羽ずつ計500羽折らせ、(計500羽を)ビーズに通すのは生徒会と教員にやらせた。意味のないことの強制に怒っていた生徒や教員が多くいたのだが・・・。全校、やってしまった。
    〔2〕 また、菅義偉氏と小池百合子氏が頑固一徹で、コロナ深刻状況下で、オリンピックに続きパラも(全国では13万2千人から少し減ったものの・・・)児童生徒を観戦動員する本音は、①五輪憲章で表彰式では「各国又は地域=NOCの歌・旗を使う」と規定しているのに、都教委作成の『オリパラ学習読本』で嘘を教えている通り、「選手らが10・23通達と同じ態様を具現化する、表彰式で国旗向かって起立し、国歌を斉唱する姿勢」を児童生徒に見せ付ける、(菅氏・小池氏・都教委官僚の)国家主義思想が背景にあり、同時に②国の面子・体面のような偏った意地がある、と思います。

    返信
  3. 後藤陽司

    パラリンピックが競争原理による勝利至上主義などで障害者を二極分断することが、優生思想による新たな障害者差別をもたらし、共生社会と言うスローガンとは逆方向に社会を持っていくという理解でよろしいでしょうか?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です