みんなで議論する東京パラリンピック ただし、アンチ!

●おはなし
北村小夜さん(障害児を普通学校へ全国連絡会)
岡崎 勝さん(自由すぽーつ研究所)

●9月8日(日)13:30
●アカデミー茗台学習室A(メトロ「茗荷谷」駅徒歩10分)
・資料代:500円

日本でも世界でも、オリンピック反対運動の中に「パラリンピックも反対」の意見がほとんどみられない。オリンピアンたちには「オリンピック反対」を表明できても、パラリンピアンたちには遠慮しているのだとしたら、この「遠慮」こそ差別につながらないだろうか。

圧倒的に議論が足りないパラリンピックの問題。パラリンピック開催(2020年8月25日~9月6日)を一年後に控えた今回、障害児を普通学校へ全国連絡会で活動してこられた北村小夜さんと、『親子で読む!東京オリンピック!ただし、アンチ』の近著(https://japama.jp/oha103/)がある自由すぽーつ研究所の岡崎勝さんにパラリンピックについて大いに語っていただきます。ただしアンチ!

障がい者スポーツは、記録や勝敗やビジネスを前提としたエリート競技スポーツとは違い、スポーツを楽しむ場所や機会の拡充という形で発展してきているといわれていますが、「競技である限り差別の助長につながらないか」「競い合わないスポーツはありうるのか」など根源的な問いについても議論できればとおもいます。

また「健常」という「国民の責務」を果たさない、つまり戦争に行けないという「非国民」の範疇から脱出するための装置の一つとしてパラリンピックがあるのではという議論、皇室による観戦と慰労、オリパラ道徳教育、感動の強制、高額な義肢器具、オリパラの一体化など、パラリンピックが記録やメダルをともなう国威発揚に政治利用されてないかといった問題についても、みんなで議論したいと思います。 

●主催
2020オリンピック災害おことわり連絡会
東京都千代田区神田淡路町1-21-7静和ビル1階A
スペース御茶ノ水 ATTAC首都圏気付  
E-mail info@2020okotowa.link
fb.com/okotowalink/   
@okotowa_link

本が出ました!『で、オリンピックやめませんか?』7月24日発売

内容紹介

「国家的イベント」に、問題はないのか?
18の理由をあげて、大反対。
ダメなものに、きちんと声をあげる、真摯な提言集。

【オリンピックに反対する理由の一例】
・どんどん膨れ上がる開催費用
・利権の巣となる巨大イベント
・多額のワイロ
・ボランティア搾取
・野宿者・生活者の排除
・アジアの森林を破壊
・国民、子どもの動員
・パラリンピックと優生思想

著者紹介

天野恵一(あまの やすかず)
一九四八年生れ。反天皇制運動連絡会、ピープルズ・プラン研究所運営委員、「市民の意見30の会・東京」ニュース編集委員。著書『きみはオリンピックを見たか』(編著、社会評論社)、『「日の丸・君が代」じかけの天皇制』(インパクト出版会)、『災後論 核〈原爆・原発〉責任論へ』(同)ほか。

鵜飼哲(うかい さとし)
一九五五年生れ。一橋大学教員。フランス文学・思想専攻。著書『抵抗への招待』(みすず書房)、『償いのアルケオロジー』(河出書房新社)、『応答する力』(青土社)、『主権のかなたで』(岩波書店)、『ジャッキー・デリダの墓』(みすず書房)ほか。

出版社:亜紀書房

7月23日:オリンピック・ムーブメントVS.オルタ・グローバリゼーション・ムーブメント

2024年にパリで開催が予定されているオリンピック・パラリンピック。世界中どこでも五輪災害NONの声は途絶えることがない。多国籍スポーツ・ビジネス企業となったオリンピック・ムーブメントに対してオルタ・グローバリゼーション・ムーブメントがNONの声をあげる。ATTACフランス結成にかかわり、自由貿易や欧州憲法改悪反対の運動に取り組み、パリ周辺の巨大開発計画に反対し、現在、2024年パリ五輪反対運動の中心的存在、フレデリック・ヴィアルさんに聞く。

日時:2019年7月23日 18:30~20:30(18:15開場)
場所:文京シビックセンター4階 シルバーホール
資料代:500円(逐次通訳あり)

主催:ATTAC Japan(首都圏)
http://attaction.seesaa.net/

※申込不要

★ Frédéric Viale フレデリック・ヴィアルさん
1965年生まれ、大学で法律と美術史を専攻。法学博士。現在、法学の教員。
https://twitter.com/frederic_viale

1999年以来、社会運動に関与。市民団体ATTAC FRANCE*の創設に参画。
*ATTAC FRANCE(https://france.attac.org/)は月刊新聞で有名な『ルモンド・ディプロマティック』編集部のイニシィティヴで創設された市民団体。国際金融取引にトービン税を課税せよというものだが、運動の守備範囲は広い。彼らの提言が世界社会フォーラムの開催の端緒となった。

2001年:ATTACパリ15区の会長

2004年:ATTAC内における自由貿易に関する動員を組織。自由貿易に対する抵抗国際組織『Our World is Not for Sale』(世界は売り物ではない)におけるATTACの窓口を引き受ける。世界貿易機関に反対するキャンペーンを行い、フランス各地で講演。

2005年:自由貿易に関するATTACの委員会の調整役
ヨーロッパの『Our World is Not for Sale』の委員会である「シアトルからブラッセルまでネットワーク」のATTACの代表者。「私の町はGATSの埒外」のキャンペーン担当。「欧州憲法条約に対するキャンペーン」の成功。

2006-2009年:ATTAC FRANCEの常任理事。
欧州社会フォーラムの組織づくりのためのATTACの代表委員

2010年:『ヨーロッパの恐怖』タタミ出版から刊行

2010-2015年:TAFTA、CETA(自由貿易合意)に反対するキャンペーン

2015年:『トランスアトランティック条約反対宣言』、エリック・ボニエ社から刊行

2017年:「2024年パリ五輪反対の会」創設、同会長に就任。五輪反対デモ組織、署名集め(34000筆)、ラジオやTVなどに出演

2018年:『2024年オリンピック、奇跡か蜃気楼か?』自由と連帯社から刊行

2019年:『欧州連合を前にした左翼』クロカン社から刊行

MLホームページ: https://www.freeml.com/okotowari2020

6月27日18時:そうだJOCに聞こう!竹田氏が辞めても疑惑は深まるばかり

・日時:6月27日18時〜19時(小雨決行) ・場所:JOCビル前(「外苑前」駅3番出口徒歩5分)  https://www.joc.or.jp/about/address/

日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は、招致委員会の委員長だった時に2億3000万を支払ってIOC委員の賛成を取り付けたという贈賄疑惑を抱えたまま、6月27日に退任する予定です。この疑惑には電通の元役員、文科省や外務省の官僚や都庁職員も関わっています。五輪災害おことわり連絡会では1月に質問状を送っていますが、いまだ何の回答もありません。うやむやにしたままの退任で、疑惑はますます深まるばかりです。そうだ、みんなでJOCに回答を聞きに行こう。 https://www.facebook.com/okotowalink/

(その後の報告)

JOCから、以下のような回答拒否の「回答」が届きました。

オリンピックおことわりTV 第三弾 「ワクワク感動? ボーっと生きてんじゃねーよ!」

6月19日放送。1,動画ニュース 2,オリンピックおことわりTV 第三弾 「ワクワク感動? ボーっと生きてんじゃねーよ!」(谷口源太郎・鵜飼哲・堀切さとみ/ジョニーH・乱鬼龍)

過去の番組

レイバーネットTV第128号「オリンピックおことわりTV 平昌編」2018年3月28日(水)19.30〜20.50に放送。1、アリさんマークの引越社争議解決報告  2,特集「オリンピックおことわりTV 平昌編」 3,動画ニュース(森友疑惑追及デモなど)、でした。
2016年11月23日(水)放送、午後8時〜9時半。東京オリンピックおことわりTV「ウラ神宮さんぽ」。出演=アツミマサズミ・いちむらみさこ・首藤久美子・小川てつオ、ナビゲーター=平井玄、五輪いやオ。

6月15日:なぜ私たちはパラリンピックに反対するのか

おことわリンク学習会

北村小夜さん、谷口源太郎さんとともにスポーツを考える

スポーツが嫌い、スポーツが好き。
どちらもパラリンピックにこそ反対する。
パラリンピックに集約されるオリンピックの問題点とは何か?
すべての人に開かれたスポーツは可能なのか?

[お話し]

 北村 小夜さん(障害児を普通学校へ全国連絡会)

 谷口源太郎さん(スポーツ・ジャーナリスト)

[日 時] 6月15日(土)18:30〜20:30
[場 所] 大田区消費者生活センター
      大田区蒲田五丁目13番26-101号
      JR蒲田駅東口から徒歩5分
[資料代] 500円
[主 催]「オリンピック災害」おことわり連絡会
      千代田区神田淡路町1-21-7
      静和ビル1階Aスペース御茶ノ水(ATTAC首都圏気付)
      info@2020okotowa.link http://www.2020okotowa.link/

おことわリンク学習会 映像企画 オリンピックと放射能~「復興五輪」という欺瞞

~ 福島第一原発事故は、90万テラベクレルという想像もできないほどの放射能を放出しました。 放射能という目に見えない脅威にさらされながら生活している人々や、その場所から避難した人々が大勢いて、福島の復興は進んでいるとは言えません。しかし、日本政府は住民を福島へ帰還させるために避難指示区域を解除し、モニタリングポストも大幅に撤去しようというのです。放射能は本当に人体に影響を与えないのか。日本政府が進める復興政策と「復興五輪」の関係は何か。NNNドキュメント「THE放射能 人間VS放射線 科学はどこまで迫れるか?」(2016.3.14)の取材・制作に携わった倉澤治雄さんから、映像も一部参照しながらお話をお聞きします。「復興五輪」と呼ばれる「2020東京オリンピック」の問題と放射能を考える学習会に、ぜひご参加ください

お話 倉澤治雄さん(科学ジャーナリスト、元日本テレビ報道局解説主幹)

日時 5月25日(土)13:15開場/13:30開始 会場 武蔵大学・1号館2F 1203教室

アクセス: 西武池袋線「江古田駅」徒歩6分、「桜台駅」徒歩8分、都営大江戸線「新江古田駅」徒歩7分、西武有楽町線「新桜台駅」徒歩5分

資料代 500円

主催 「オリンピック災害」おことわり連絡会

千代田区神田淡路町1-21-7静和ビル1 Aスペース御茶ノ水(ATTAC 首都圏気付)

info@2020okotowa.link http://www.2020okotowa.link fb.com/1378883338802691