作成者別アーカイブ: admin

10 月 9 日(月・体育の日) 連続講座 (第一期) 第4回: オリンピックはスポーツをダメにする!?

日時:10 月 9 日(月・体育の日) 14:00~17:00

お話し
◎アスリートたちの反オリンピック
山本敦久さん (成城大学教員)
◎オリンピック精神からスポーツ・体育を問い直す
岡崎 勝さん (自由すぽーつ研究所・所長)

会場
アカデミー音羽
多目的ホール(文京区大塚 5-40-15)

メトロ有楽町線「護国寺駅」出口1から徒歩 2 分

資料代500円

近代オリンピックの立役者、クーベルタン男爵が唱えたオリンピック精神とは「スポーツを通して心身を向上させ、文化・国籍などさまざまな違いを乗り越え、友情、連帯感、フェアプレーの精神をもって、平和でよりよい世界の実現に貢献する」というものでしたが、男爵自身が 1936 年のナチス・ベルリン五輪を高く評価したことでも有名です。巨大な国家的商業イベントはスポーツにとって本当に必要なのか。また近現代スポーツそれ自身に対する問いかけを反オリンピックを通して考えることは可能か。アスリートたちの反オリンピックの歴史を掘り起こす山本敦久さん、「汗と涙と感動のスポーツ」がもつ社会操作性が学校からスポーツ界全体を通して浸透すると警鐘を鳴らす岡崎勝さんに聞く。

山本敦久さん:成城大学社会イノベーション学部准教授(スポーツ社会学)
。著書に『反東京オリンピック宣言』(編著、航思社、 2016)、『身体と教養』(編著、ナカニシヤ出版、 2016)、
『オリンピック・スタディーズ』(共著、せりか書房、2014)など。

岡崎 勝さん:フリープログラムスクール&放課後等児童デイサービス「アーレの樹」理事、元名古屋市教員、学校マガジン『お・は』編集長、『みんなでトロプス 敗者のいないゲーム』、『反オリンピック宣言』(ともに風媒社)

2020 オリンピック災害おことわり連絡会(おことわりンク)は、東京五輪を私たちの日常に対する「災害」であると捉え 2017 年 1 月 22 日に結成しました。五輪災害おことわりの運動を国内外でリンクさせることを目指し、五輪東京開催を返上し、近代オリンピックの歴史に終止符を打ちたいと考えています。未定情報などは
Facebook の「東京オリンピックおことわりンク」や下記ウェブサイトで確認を。
千代田区神田淡路町 1-21-7 静和ビル 1 階 A スペース御茶ノ水、ATTAC 首都圏気付

info@2020okotowa.link

オリンピック災害おことわリンク連続講座(第3回) 7月 15 日(土)

fb.com/1378883338802691

カンパを! 郵振 00120−7−324492「オリンピック災害」おことわり連絡会

2020おことわリンク連続学習会: 【第4回】オリンピックはスポーツをダメにする!?

2020おことわリンク連続学習会(第I期)

【第4回】オリンピックはスポーツをダメにする!?

日 時 10月9日(月・体育の日)14:00〜(13:30開場)
会 場 アカデミー音羽 多目的ホール(文京区大塚5−40−15)
メトロ有楽町線「護国寺駅」出口1から徒歩2分
(地図)https://goo.gl/maps/fgDcdBqZvfz
資料代 500円

◎おはなし

・山本敦久さん(成城大学教員)
アスリートたちの反オリンピック

・岡崎 勝さん(自由すぽーつ研究所・所長)
オリンピック精神からスポーツ・体育を問い直す

近代オリンピックの立役者、クーベルタン男爵が唱えたオリンピック精神とは「スポーツを通して心身を向上させ、文化・国籍などさまざまな違いを乗り越え、友情、連帯感、フェアプレーの精神をもって、平和でよりよい世界の実現に貢献する」というものでしたが、男爵自身が1936年のナチス・ベルリン五輪を高く評価したことでも有名です。巨大な国家的商業イベントはスポーツにとって本当に必要なのか。また近現代スポーツそれ自身に対する問いかけを反オリンピックを通して考えることは可能か。アスリートたちの反オリンピックの歴史を掘り起こす山本敦久さん、「汗と涙と感動のスポーツ」がもつ社会操作性が学校からスポーツ界全体を通して浸透すると警鐘を鳴らす岡崎勝さんに聞く。

山本敦久さん:成城大学社会イノベーション学部准教授(スポーツ社会学)。著書に『反東京オリンピック宣言』(編著、航思社、2016)、『身体と教養』(編著、ナカニシヤ出版、2016)、『オリンピック・スタディーズ』(共著、せりか書房、2014)など。

岡崎勝さん:フリープログラムスクール&放課後等児童デイサービス「アーレの樹」理事、元名古屋市教員、学校マガジン『お・は』編集長、『みんなでトロプス 敗者のいないゲーム』『反オリンピック宣言』(ともに風媒社)

■今後の予定

◎第5回 12月2日(土)午後
会場 一橋大学東キャンパス国際研究会4F大教室
ナショナルイベントと東京五輪
天野恵一さん VS 鵜飼哲さん

◎第6回 2018 年3月(日時・場所未定)
3・11と東京五輪


「2020 オリンピック災害」おことわり連絡会(おことわりンク)は、東京五輪を私たちの日常に対する「災害」であると捉え2017 年1 月22 日に結成。「オリンピック災害おことわり」の運動を国内外でリンクさせることを目指し、五輪東京開催を返上し、近代オリンピックの歴史に終止符を打ちたいと考えています。未定情報などはFacebookの「東京オリンピックおことわりンク」や下記ウェブサイトで確認を。

★「2020 オリンピック災害」おことわり連絡会(おことわりンク)
千代田区神田淡路町1-21-7 静和ビル1 階A
スペース御茶ノ水気付(ATTAC 首都圏)
電話 080-50520270  メール info@2020okotowa.link
ウェブサイト http://www.2020okotowa.link
Facebook http://fb.com/1378883338802691
★カンパを! 郵振 00120−7−324492
「オリンピック災害」おことわり連絡会

オリンピック災害おことわリンク連続講座( 第一期) 第3回 7月 15 日(土)

オリンピック災害おことわリンク連続講座( 第一期)
第3回 7月 15 日(土) 14:00~17:00
パラリンピックは
障害者差別を助長する
おはなし 北村小夜さん
会場 千駄ヶ谷区民会館 第1会議室( 原宿駅徒歩 10 分)

■ 第4回 10月9日(休)14:00~17:00 ( 場所未定)
オリンピックはスポーツをダメにする!?( 仮題)
山本敦久さん(成城大)VS 岡崎勝さん(名古屋市教員)
■ 第5回 12月 (日時・場所未定)
ナショナルイベントと東京五輪
天野恵一さん VS 鵜飼哲さん
■ 第6回 2018 年3月(日時・場所未定)
3・11と東京五輪
「 2020 オリンピック災害」おことわり連絡会(おことわりンク) は、 東京五輪を私
たちの日常に対する「災害」であると捉え 2017 年 1 月 22 日に結成。「オリンピック災害おことわり」 の運動を国内外でリンクさせることを目指し、 五輪東京開催を返上し、近代オリンピックの歴史に終止符を打ちたいと考えています。 未定情報などは Facebook の「 東京オリンピックおことわりンク」や下記ウェブサイトで確認を。

千代田区神田淡路町 1-21-7 静和ビル 1 階 A( ATTAC 首都圏気付)
電話 080-50520270 info@2020okotowa.link http://www.2020okotowa.link/
カンパを! 郵振 00120−7−324492「オリンピック災害」おことわり連絡会

ピープルズプラン76号オリンピック含む2020年特集

ピープルズプラン研究所の季刊誌『季刊ピープルズプラン』76号が2020年問題を特集し、オリンピックに関する諸問題について突っ込んだ批判的な論考や座談会を掲載しました。


PP76号目次

【特集】2020年問題――東京オリンピック・原発再稼働・改憲・天皇「退位」
◆特集にあたって/天野恵一
◆【座談会】東京オリンピックへ向かう天皇政治と安倍政治/首藤久美子×宮
崎俊郎×鵜飼哲×山田和秋
◆アベノミクスと2020年――延命への危険な賭け/宮崎礼二
◆歴史は繰り返される。一度目は悲劇として二度目は茶番として――当初の約
束を無視して東京都が費用負担させられる例は今回が初めてではない/アツミ
マサズミ
◆共謀罪――「道義的刑法」の亡霊と自民党改憲の先取り/小倉利丸
◆原発事故から6年の福島と『復興』オリンピック/黒田節子
◆〈天皇政治〉と〈安倍政治〉――「明治150年祭」、即位30年「生前退
位」・新天皇「即位」・「新元号」・改憲、東京オリンピックという政治プロ
グラム/天野恵一
◆クローズアップされるパラリンピック――競うものである限り差別は拡大す
る/北村小夜
◆東京オリンピックと国家戦略特区/奈須りえ
◆「対テロ戦争」隠蔽する「平和と民主主義」の象徴/中嶋啓明
◆二つのオリンピック――ベルリン(1936)とミュンヘン(1972)/
米沢薫
【現場から】
◇警視庁機動隊の沖縄・高江派遣をめぐる住民監査請求&住民訴訟/梶野宏
◇被爆地懐柔の完成?――オバマの訪広後の長崎/山口響
◇グローバル・サプライ・チェーンの現実から「国際労働規制」の強化と新た
な「労働運動」の流れ/遠野はるひ
【いまを読み解く】
■真の「市民革命」は実現できるだろうか――朴槿恵大統領弾劾・拘束がもた
らす韓国社会運動への影響/李泳采
■福島第一原発事故から6年――分かったこと分からなくなったこと/変わっ
たところ変わらないところ/山崎久隆
【グローバル討論空間12】
クアラルンプールで考えたこと――アジア現代思想という試み/原民樹
【連載シリーズ】
◆連載エッセイ 営みとしての思想 第4回
営みとしての思想/花崎皋平
◆『敗戦後論』再考 第9回
戦争責任の論理/松井隆志
◆新連載 リレー書評①
「リベラル」と「左翼」の合流の「展望」はあるのか/天野恵一
【書評】
▲フレデリック・ロルドン[著]/杉村昌昭[訳]『私たちの”感情”と”欲望”
は、いかに資本主義に偽造されているか?』/片岡大右
▲ピエール・ラビ[著]/武藤剛史[訳]『良心的抵抗への呼びかけ――地球と人
間のためのマニフェスト』/鶴田雅英
▲李泳采著『アングリーヤングボーターズ――韓国若者たちの戦略的選択』/
北野誉
Culture Review
[art]
アート・アクティヴィズム84:演劇「白い花を隠す」――NHK・ETV改ざん事件
から、抑圧の連鎖を断つ試み/北原恵
[column]
ながさわセンセイの高校白書(17) 高校入試について/長澤淑夫
◆戦後研報告/松井隆志

==============================================
ピープルズ・プラン研究所(PP研)
事務局
住所: 〒112-0014
東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル2F
電話: 03-6424-5748 FAX: 03-6424-5749
URL: http://www.peoples-plan.org/jp
E-mail: ppsg@jca.apc.org
facebookページ: http://on.fb.me/NIAlYV
twitter: @ppsgj
==============================================

5月27日:フィールドワーク:東京五輪のメインスタジアム建設が進む神宮外苑の再開発地区を歩く

東京五輪のメインスタジアム建設が進む神宮外苑の再開発地区を歩く
案内 アツミマサズミ(東京にオリンピックはいらないネット)

日時 2017年5月27日 15:00 – 17:00
場所 新国立競技場、絵画館前、JSC・日本青年館など神宮外苑周辺

一説によれば、安保関連法で下がった政権支持率を回復するために実行された新国立競技場の白紙撤回。
この白紙撤回は建築のみで都市計画部分はまったく白紙になっておらず、原宿駅と渋谷駅の間を走る山手線の車窓から見える岸記念体育館が
神宮外苑地区に移動してきて超高層ビルに。

フジヤマのトビウオこと古橋広之進が世界記録を連発した旧神宮プール脇に三井不動産がホテルを作る計画を進めるなど、大規模開発が進行中。
仮設で作るはずだった新国立競技場のサブトラックを常設で作るべきだなどと言いだした小池都知事の発言も相まって迷走中。

明治天皇と昭憲皇太后の「遺徳」を後世に伝える目的で市民の寄付金と勤労奉仕で造成された神宮外苑地区を商売の道具にするための計画が進んでいるのにオリンピック反対派をサヨク・過激派扱いして神宮外苑地区をないがしろにする連中を非国民・逆賊扱いしない世間ってなに。

東京 2020 オリンピックオフィシャルパートナーの読売新聞、朝日新聞、 日経新聞、毎日新聞がろくに記事にしない神宮外苑の再開発がどのように進んでいるか。ご自分の目で確認してみませんか。

百聞は一見にしかず。皆様の参加をお待ちしています。

※ フィールドワークは申込制です。下記連絡先までお申し込みください。

千代田区神田淡路町 1-21-7 静和ビル 1 階 A(ATTAC 首都圏気付)
電話 080-50520270 info@2020okotowa.link http://www.2020okotowa.link/
カンパを! 郵振 00120−7−324492
「オリンピック災害」おことわり連絡会

※その後17:30から渋谷区穏田区民会館にて神宮外苑再開発に関してのミニ学習会も行います。資料代500円です。

2017年4月29日 鵜飼ゼミナール主催ワークショップ「いま、あらためて、オリンピックを考える」

鵜飼ゼミナール主催ワークショップ「いま、あらためて、オリンピックを考える」

一覧へ Poster へ

  • 日時:2017年4月29日(土)14:30〜17:45(14時開場、第一部と第二部の間15分休憩)
  • 場所:一橋大学 東キャンパス国際研究館4階 大教室(アクセス
  • 主催:一橋大学大学院言語社会研究科 鵜飼哲ゼミナール
  • 問い合わせ:鵜飼哲
  • 事前申し込み不要・参加費無料

 

【概要 】

2020年東京オリンピックはどんな<出来事(イヴェント)>として計画されているか?
どんな期待が、このメガ・スペクタクルにかけられているのか?
近代オリンピックは都市と国家の歴史にどんな痕跡を刻んできたのか?
この<スポーツと平和の祭典>は現代資本主義とどんな関係を結んでいるのか?
オリンピックが触発するこれら無数の問いに、批判的知性は、どのように応答するべきか?

 

【第一部】(14時30分〜16時00分)「問われる東京/オリンピック」

1.「東京オリンピックの共同性の幻想ー『希望への希望』の行き着く先」
阿部潔(関西学院大学社会学部教授)

2.「アスリートたちの反オリンピック」
山本敦久(成城大学社会イノベーション学部准教授)

司会:鵜飼哲(一橋大学大学院言語社会研究科教授)

【第二部】(16時15分〜17時45分)「『反東京オリンピック宣言』著者たちとの対話」

1.「『復興』五輪言説を問い直す」
山口渓(一橋大学大学院・博士課程)
高原太一(東京外国語大学大学院・修士課程)
小美濃彰(東京外国語大学大学院・修士課程)

2.「1964/2020 東京オリンピックをアートの視座から問う」
長チノリ(一橋大学大学院・博士課程満期終了)
井上絵美子(一橋大学大学院・修士課程)

3.応答
小笠原博毅(神戸大学大学院国際文化学研究科教授)
塚原東吾(神戸大学大学院国際文化学研究科教授)
友常勉(東京外国語大学大学院国際日本学研究院教授)

*終了後の18時過ぎより懇親会を予定しています。詳細につきましては当日お知らせする予定です。

宮下公園全面封鎖、野宿者排除にともなう2日連続の不当逮捕を許さない!

3月27日と28日に、渋谷区は、宮下公園の抜き打ち封鎖を強行し、区職員や警察の暴力のなか、二名の仲間が不当にも逮捕されました。3月31日付でオリンピック弾圧おことわり救援会が下記のような抗議声明を出しました。皆さんからの熱いご支援をよろしくお願いいたします。(抗議先、カンパ先は下記の声明をごらんください)