集会、デモなど」カテゴリーアーカイブ

3.15(金)国賠訴訟第4回期日へ!明治公園オリンピック追い出しを許さない国家賠償請求訴訟

::::::::::::::::::::::::

JSC、都、国、一体の明治公園の野宿者に対する

2016年4月16日の強制排除を許さないぞ!

明治公園オリンピック追い出しを許さない国家賠償請求訴訟

3.15(金)国賠訴訟第4回期日へ!

:::::::::::::::::::::::::::::::

●14時、東京地裁正門前
●情宣&リレートーク
●傍聴券配布・抽選の後15時30分、地裁706号法廷にて開廷
●閉廷後、集約集会

[カンパ振り込み先]
◆郵振 00120‐8‐265747
◆銀行 三井住友銀行町屋支店(普)7122609
※口座名はいずれも「明治公園オリンピック追い出しを許さない! 国家賠償請求訴訟原告団」
明治公園オリンピック追い出しを許さない! 国家賠償請求訴訟原告団
tel:080-2520-5487 mail:noolympicevict@gmail.com twitter:@noolympicevict

野宿者排除も2020年東京五輪もダメ!

●JSC(日本スポーツ振興センター)は、都立明治公園が違法に廃止された後もそこで暮らしていた野宿者とその支援団体を追い出そうと2016年3月、東京地裁に土地の明け渡しを求める仮処分を申請しました。2020年東京五輪の会場である新国立競技場の「早期着工」がその名目でした。東京地裁はこれを却下するどころかやすやすと認め、同年4月16日、強制執行に及んで野宿者から荷物、生活の拠点、コミュニティなどを奪っていきました。

●この暴挙を許さず、私たちは昨年3月、JSC、都、国を相手取って国賠訴訟を提起、その後6月、第1回期日が開かれました。被告は口を揃えて次のように述べました。「国立競技場で暮らす野宿生活者を応援する有志などの『団体原告』は、当事者能力を有していない」!? そもそも裁判に訴える資格がないというのです。野宿者と支援団体とをよほど分断したかったのでしょう。

●私たちは、被告の訴えに惑わされることなく、早急に内容の審理をと主張(地裁民事第16部に申し入れにも向かいました)。9月の第2回期日で被告のこの思惑を打ち砕き、裁判長から当事者能力については判決の際に判断する旨の言を引き出すことができました。

●さて、3月15日の第4回期日において、私たちは強制執行の違法性などにつきあらためて陳述します。東京地裁、そう国は、強制執行のとき、執行範囲ではないところの荷物まで盗み取り、私たちの荷物を返してとの声に耳を傾けることすらせずに、明治公園から遠く離れた勝どきの倉庫に運び去ったのです。これを民事執行法違反といわずして何といえばよいのでしょうか!

●フランスの司法当局が、JOC(日本オリンピック委員会)の竹田会長を不正招致の疑いで捜査開始――。先日、多くのマスコミがこう報じました。カネにまみれ、野宿者など貧しき者を排除する五輪にNO!  国賠第4回期日へのご支援、ご注目をよろしくお願いします。

[おことわリンク学習集会] 東京五輪施設建設と外国人労働者

[お話し] 恵羅さとみ さん(成蹊大学アジア太平洋研究センター主任研究
員、専攻:国際社会学・労働社会学)
[日 時] 3月31日(日)13:15開場/13:30開始
[会 場] 文京シビックセンター・4F・シルバーホール(地下鉄後楽園駅春
日駅すぐ)
[資料代] 500円
主催◎「オリンピック災害」おことわり連絡会

「復興五輪」のうたい文句とは裏腹に、資材・人材の高騰と不足をもたらし被災
地の復興を「妨害」しながら、「2020 東京オリンピック」に向けて関連施設づ
くりが急ピッチで進められている。工事を急ぐあまりに建設現場ではすでに複数
の死者まででている。ゼネコン、オリンピック関連団体が利益を貪る都市開発の
建設現場で何が起こっているのか。逼迫する労働市場を埋め合わせるように動員
される外国人労働者に焦点をあて、「オリンピック開発」の実態に迫り、合わせ
て「改正入管法」も考える学習会を持ちます。ぜひご参加下さい。

12月7日:本間龍さん学習講演会:2020年オリンピック ボランティア動員? おかしいぞ!

◆日 時:2018年 12月7日(金)18時開場
◆会 場: 文京シビックセンター4階
18時30分スタート
◆資料代:500円

「国、JOC、電通、メディアがスクラムを組んで国民をブラックボランティに扇動し、反対しにくい空気を作るのは、先の大戦時のような、悪しき全体主義というべきである。厄介なのは、五輪ボランティア翼賛に関わっている人々にその自覚がないことで、これは政治学者のハンナ・アーレントが唱えた『陳腐で凡庸な悪』そのものだ」(本間龍『ブラックボランティア』)

2020年夏、酷暑の東京で開催されるオリンピックに、11万人ものボランティアが動員されます。既に募集は始まっていますが、このボランティア、何から何までおかしなことばかりです。長い時間、日数拘束されるのに、日当1000円のみ、交通費、宿泊費は自分持ち。一方でスポンサーはボロ儲け。多くの大学は既にこの時期にある前期試験を繰り上げ、その分、GWなどをつぶして授業をする。特別に単位もやる。就活にも有利だとか。これってほとんど国策への強制!21世紀の「学徒動員!」ではありませんか。

私たちは、このオリンピックに反対して活動を始めています。そのなかで、特に「ボランティア動員」問題はもっともっと「おかしいぞ」の声を上げるべきだと考えています。そこで、『ブラックボランティア』(角川書店)を書かれ、オリンピックのボランティア問題に果敢に切り込んでいる本間龍さんをお迎えして、学習講演会を催すことになりました。このテーマに関心の有る方、おかしいぞと疑問に思っている方、そしてボランティアに応募しようかなって考えている人も歓迎です。誘い合ってご参加ください。

◆主 催: 「オリンピック災害」おことわり連絡会
http://www.2020okotowa.link
●連絡先
080-5052-0270

9・29新宿デモ&集会

9・29新宿デモ&集会
日時 9月29日(土)
時間 デモ 15:00新宿アルタ前出発
集会 17:00日本キリスト教会館
講演 鵜飼哲さん
主催 集会・デモくらい自由にやらせろ!実行委員会
(呼びかけ団体。破防法・組対法に反対する共同行動、差別・排外主義に反対する連絡会
、争議団連絡会議、地域共闘交流会)連絡先 03-5577-6705 TEL・FAX兼 争議団連絡会議気付 (PDF )

1964→2020:スポーツ活動の主役は誰か――スポーツ振興法からスポーツ基本法へ

集会のご案内
2018 年 10 月 8 日(月・体育の日) 13 : 30 開始
豊洲シビックセンター 8階 第六研修室 (13 : 15 開場)
豊洲駅 (ゆりかもめ線出口直結、地下鉄有楽町線 7 番出口 1 分)
※新橋からゆりかもめで来ると、選手村、お台場、有明等の五輪関連予定地も見られます。
資料代
500 円

1961年成立の「スポーツ振興法」でスポーツの主役に位置づけられた「国民スポーツ」が、64年東京オリンピックを契機として、「エリートスポーツ」に主役の座を奪われ、現在にいたっている。言い方を換えると、「エリートスポーツ」(見るスポーツ)が極端なまでに肥大化し、「大衆スポーツ」(するスポーツ)を圧縮させてきた。なぜ、どのようにしてそうなったのか、歴史的に検証する。2020 東京五輪がアスリートファーストでも復興五輪でもなく「マネーファースト」「国家ファースト」であり、原発事故被害を隠すものだと厳しく批判するスポーツジャーナリストの谷口源太郎さ
んが、1961年の「スポーツ振興法」、1972年の保健体育審議会答申「体育・スポーツの普及振興に関する基本方策について」、1988年にまとめられた中曽根首相の私的諮問機関「スポーツの振興に関する懇談会」の報告書、2011年の「スポーツ基本法」などを取り上げ、その狙いや現実的影響を解明する。

谷口源太郎さん略歴 1938年、鳥取市生まれ。講談社、文芸春秋の週刊誌記者を経て、フリースポーツジャーナリスト。著書に「日の丸とオリンピック」(文芸春秋)、「スポーツを殺すもの」(花伝社)、「スポーツ立国の虚像」(花伝社)など。

020 オリンピック災害おことわり連絡会 (おことわりンク)
おことわリンクは、東京五輪を私たちの日常に対する「災害」であると捉え 2017年 1 月 22 日に結成。五輪災害おことわりの運動を国内外でリンクさせることを目指し、五輪東京開催を返上し、近代オリンピックの歴史に終止符を打ちたいと考えています。
info@2020okotowa.link
twitter @ okotowa_link
東京都千代田区神田淡路町 1-21-7 静和ビル 1 階 A
スペース御茶ノ水(ATTAC 首都圏気付)
http://www.2020okotowa.link
fb.com/1378883338802691
カンパ振込先 郵振 00120-7-324492 「オリンピック災害」おことわり連絡会」

反五輪の会:8月24日、2年前か?やばい パラリンピック もうやめた!!

反五輪の会からのお知らせです。

2年前か?やばい パラリンピックもうやめた

差別構造をほんとに壊すために。

日時 2018年8月24日(金)18時~

集合場所  国立公民館3階講座室 http://urx.mobi/ILop
旗・プラカード作り →  駅前 トーク&アピール
主催 反五輪の会
入場無料(カンパ制)

「障害者理解」なんて、パラリンピックじゃ深まらないよ・・・
競争よりも助け合うことのほうがすてき。
パラリンピックについて思っていること、あれこれ話そう。

路上はみんなの交流の場。まちは私たちのもの。

※汚れても差支えない服装でご参加ください。

※途中から駅前へ移動します。移動時間は当日のなりゆき次第ですので、なるべく18時からご参加ください。
※会場はエレベーターで昇降できます。
※多機能トイレが1階、 オストメイト専用トイレが2階にあります。
※サポートが必要な場合、可能な限り対応したいと思いますので、ご相談ください。
※民族差別、排外主義的な言動、国旗などの持ち込みはお断りします。

オリンピックは誰のため? 何のため? ―過去の映像が私たちに語りかけること―

オリンピックは誰のため? 何のため? ―過去の映像が私たちに語りかけること―

2020 東京オリンピックまで2年を切りました。1940 年幻の東京オリンピックから2020 年まで日本のオリンピック は「復興五輪」という政治的なイベントとして存在し続けてきました。今回その歴史を映像を通して検証できれば 2020 への私たちなりの対抗原理を探し出せるかもしれないという期待も込めて、過去の映像からオリンピックを考え てみる企画を用意しました。様々な映像を見ながら語り合いましょう!

[第1回]通底する動員の構造1940~2020

◆ニュース映像を中心に映像を読み解く
[日 時] 9 月8 日(土)12:30 開場/13:00 開始
[会 場] 武蔵大学・8603 教室(8号館6 階)

[第2回]「政治」と「芸術」

◆レ二・リーフェンシュタールと市川崑を読み解く
[日 時] 9 月16 日(日)12:30 開場/13:00 開始
[会 場] 武蔵大学・1002 教室(1 号館地下シアター教室)


[コーディネータ] 永田浩三さん(武蔵大学教員)
[コメンテーター] 谷口源太郎さん(スポーツジャーナリスト)天野恵一(おことわリンク)
[参加費] 各回500 円

◆武蔵大学へアクセス◆ 西武池袋線「江古田」下車6分「桜台」下車8分、 都営大江戸線「新江古田」下車7分、 西武有楽町線「新桜台」下車5分


主催◎「オリンピック災害」おことわり連絡会
千代田区神田淡路町1-21-7 静和ビル1A スペース御茶ノ水(ATTAC 首都圏気付)  TEL:080-5052-0270

8月21日:東京オリンピックと精神病者を取り巻く問題

以下、告知依頼がありましたので掲載します。(管理人)

会場の「あかね」については下記を参照ください。
https://www.facebook.com/waseda.akane.page/


テーマ:東京オリンピックと精神病者を取り巻く問題
日時:8月21日(火)19:00~
場所:早稲田 「あかね」
内容:参加者どうしの討論
呼びかけ:ピンコマさん、フィリップさん

5月27日:フィールドワーク:東京五輪のメインスタジアム建設が進む神宮外苑の再開発地区を歩く

東京五輪のメインスタジアム建設が進む神宮外苑の再開発地区を歩く
案内 アツミマサズミ(東京にオリンピックはいらないネット)

日時 2017年5月27日 15:00 – 17:00
場所 新国立競技場、絵画館前、JSC・日本青年館など神宮外苑周辺

一説によれば、安保関連法で下がった政権支持率を回復するために実行された新国立競技場の白紙撤回。
この白紙撤回は建築のみで都市計画部分はまったく白紙になっておらず、原宿駅と渋谷駅の間を走る山手線の車窓から見える岸記念体育館が
神宮外苑地区に移動してきて超高層ビルに。

フジヤマのトビウオこと古橋広之進が世界記録を連発した旧神宮プール脇に三井不動産がホテルを作る計画を進めるなど、大規模開発が進行中。
仮設で作るはずだった新国立競技場のサブトラックを常設で作るべきだなどと言いだした小池都知事の発言も相まって迷走中。

明治天皇と昭憲皇太后の「遺徳」を後世に伝える目的で市民の寄付金と勤労奉仕で造成された神宮外苑地区を商売の道具にするための計画が進んでいるのにオリンピック反対派をサヨク・過激派扱いして神宮外苑地区をないがしろにする連中を非国民・逆賊扱いしない世間ってなに。

東京 2020 オリンピックオフィシャルパートナーの読売新聞、朝日新聞、 日経新聞、毎日新聞がろくに記事にしない神宮外苑の再開発がどのように進んでいるか。ご自分の目で確認してみませんか。

百聞は一見にしかず。皆様の参加をお待ちしています。

※ フィールドワークは申込制です。下記連絡先までお申し込みください。

千代田区神田淡路町 1-21-7 静和ビル 1 階 A(ATTAC 首都圏気付)
電話 080-50520270 info@2020okotowa.link http://www.2020okotowa.link/
カンパを! 郵振 00120−7−324492
「オリンピック災害」おことわり連絡会

※その後17:30から渋谷区穏田区民会館にて神宮外苑再開発に関してのミニ学習会も行います。資料代500円です。

2017年4月29日 鵜飼ゼミナール主催ワークショップ「いま、あらためて、オリンピックを考える」

鵜飼ゼミナール主催ワークショップ「いま、あらためて、オリンピックを考える」

一覧へ Poster へ

  • 日時:2017年4月29日(土)14:30〜17:45(14時開場、第一部と第二部の間15分休憩)
  • 場所:一橋大学 東キャンパス国際研究館4階 大教室(アクセス
  • 主催:一橋大学大学院言語社会研究科 鵜飼哲ゼミナール
  • 問い合わせ:鵜飼哲
  • 事前申し込み不要・参加費無料

 

【概要 】

2020年東京オリンピックはどんな<出来事(イヴェント)>として計画されているか?
どんな期待が、このメガ・スペクタクルにかけられているのか?
近代オリンピックは都市と国家の歴史にどんな痕跡を刻んできたのか?
この<スポーツと平和の祭典>は現代資本主義とどんな関係を結んでいるのか?
オリンピックが触発するこれら無数の問いに、批判的知性は、どのように応答するべきか?

 

【第一部】(14時30分〜16時00分)「問われる東京/オリンピック」

1.「東京オリンピックの共同性の幻想ー『希望への希望』の行き着く先」
阿部潔(関西学院大学社会学部教授)

2.「アスリートたちの反オリンピック」
山本敦久(成城大学社会イノベーション学部准教授)

司会:鵜飼哲(一橋大学大学院言語社会研究科教授)

【第二部】(16時15分〜17時45分)「『反東京オリンピック宣言』著者たちとの対話」

1.「『復興』五輪言説を問い直す」
山口渓(一橋大学大学院・博士課程)
高原太一(東京外国語大学大学院・修士課程)
小美濃彰(東京外国語大学大学院・修士課程)

2.「1964/2020 東京オリンピックをアートの視座から問う」
長チノリ(一橋大学大学院・博士課程満期終了)
井上絵美子(一橋大学大学院・修士課程)

3.応答
小笠原博毅(神戸大学大学院国際文化学研究科教授)
塚原東吾(神戸大学大学院国際文化学研究科教授)
友常勉(東京外国語大学大学院国際日本学研究院教授)

*終了後の18時過ぎより懇親会を予定しています。詳細につきましては当日お知らせする予定です。