カテゴリー別アーカイブ: 集会、デモなど

5月27日:フィールドワーク:東京五輪のメインスタジアム建設が進む神宮外苑の再開発地区を歩く

東京五輪のメインスタジアム建設が進む神宮外苑の再開発地区を歩く
案内 アツミマサズミ(東京にオリンピックはいらないネット)

日時 2017年5月27日 15:00 – 17:00
場所 新国立競技場、絵画館前、JSC・日本青年館など神宮外苑周辺

一説によれば、安保関連法で下がった政権支持率を回復するために実行された新国立競技場の白紙撤回。
この白紙撤回は建築のみで都市計画部分はまったく白紙になっておらず、原宿駅と渋谷駅の間を走る山手線の車窓から見える岸記念体育館が
神宮外苑地区に移動してきて超高層ビルに。

フジヤマのトビウオこと古橋広之進が世界記録を連発した旧神宮プール脇に三井不動産がホテルを作る計画を進めるなど、大規模開発が進行中。
仮設で作るはずだった新国立競技場のサブトラックを常設で作るべきだなどと言いだした小池都知事の発言も相まって迷走中。

明治天皇と昭憲皇太后の「遺徳」を後世に伝える目的で市民の寄付金と勤労奉仕で造成された神宮外苑地区を商売の道具にするための計画が進んでいるのにオリンピック反対派をサヨク・過激派扱いして神宮外苑地区をないがしろにする連中を非国民・逆賊扱いしない世間ってなに。

東京 2020 オリンピックオフィシャルパートナーの読売新聞、朝日新聞、 日経新聞、毎日新聞がろくに記事にしない神宮外苑の再開発がどのように進んでいるか。ご自分の目で確認してみませんか。

百聞は一見にしかず。皆様の参加をお待ちしています。

※ フィールドワークは申込制です。下記連絡先までお申し込みください。

千代田区神田淡路町 1-21-7 静和ビル 1 階 A(ATTAC 首都圏気付)
電話 080-50520270 info@2020okotowa.link http://www.2020okotowa.link/
カンパを! 郵振 00120−7−324492
「オリンピック災害」おことわり連絡会

※その後17:30から渋谷区穏田区民会館にて神宮外苑再開発に関してのミニ学習会も行います。資料代500円です。

2017年4月29日 鵜飼ゼミナール主催ワークショップ「いま、あらためて、オリンピックを考える」

鵜飼ゼミナール主催ワークショップ「いま、あらためて、オリンピックを考える」

一覧へ Poster へ

  • 日時:2017年4月29日(土)14:30〜17:45(14時開場、第一部と第二部の間15分休憩)
  • 場所:一橋大学 東キャンパス国際研究館4階 大教室(アクセス
  • 主催:一橋大学大学院言語社会研究科 鵜飼哲ゼミナール
  • 問い合わせ:鵜飼哲
  • 事前申し込み不要・参加費無料

 

【概要 】

2020年東京オリンピックはどんな<出来事(イヴェント)>として計画されているか?
どんな期待が、このメガ・スペクタクルにかけられているのか?
近代オリンピックは都市と国家の歴史にどんな痕跡を刻んできたのか?
この<スポーツと平和の祭典>は現代資本主義とどんな関係を結んでいるのか?
オリンピックが触発するこれら無数の問いに、批判的知性は、どのように応答するべきか?

 

【第一部】(14時30分〜16時00分)「問われる東京/オリンピック」

1.「東京オリンピックの共同性の幻想ー『希望への希望』の行き着く先」
阿部潔(関西学院大学社会学部教授)

2.「アスリートたちの反オリンピック」
山本敦久(成城大学社会イノベーション学部准教授)

司会:鵜飼哲(一橋大学大学院言語社会研究科教授)

【第二部】(16時15分〜17時45分)「『反東京オリンピック宣言』著者たちとの対話」

1.「『復興』五輪言説を問い直す」
山口渓(一橋大学大学院・博士課程)
高原太一(東京外国語大学大学院・修士課程)
小美濃彰(東京外国語大学大学院・修士課程)

2.「1964/2020 東京オリンピックをアートの視座から問う」
長チノリ(一橋大学大学院・博士課程満期終了)
井上絵美子(一橋大学大学院・修士課程)

3.応答
小笠原博毅(神戸大学大学院国際文化学研究科教授)
塚原東吾(神戸大学大学院国際文化学研究科教授)
友常勉(東京外国語大学大学院国際日本学研究院教授)

*終了後の18時過ぎより懇親会を予定しています。詳細につきましては当日お知らせする予定です。

【イベント】【全日程】はんごりん国際連帯ツアー 3週間にわたり続々開催!イベント・スケジュール

反五輪の会ブログから

image

反五輪の会メンバーが現地交流してきた ジゼレ・タナカさん(from Rio)、イ・ギョンリョルさん(from Seoul)が、なんと、そろって東京にやってきます。

「排除の祭典」リオ五輪、すさまじい環境破壊とともに会場建設が進んでいる2018ピョンチャン冬季五輪、そしてアウト・オブ・アンダーコントロールに招致賄賂疑惑の東京五輪。オリンピックは開催地に何をもたらしているか、生の声を聞ける絶好の機会です!

お見逃しなく!

::::::::::::::::::::

●ジゼレ・タナカ Giselle Tanaka ―――ブラジル・リオから

建築家、都市研究者。リオデジャネイロ大学都市計画研究所所員。リオ五輪の対抗イベント『Rio 2016 – Os Jogos da Exclusão(排除のゲーム)』主催者のひとり。

●イ・ギョンリョル Lee Gyeongryeol ――韓国から

スポーツ平和フォーラム幹事。高麗大学教育大学院で体育を専攻。2011年に反対運動にもかかわらず東大門運動場が撤去され、東大門デザインプラザが建設されたことを一顧だにしなかったアカデミズムに幻滅。体育が政府の権力を強化し政治的業績をあげるために利用されることに抵抗し、体育の価値を多様な形で提示すべくNGO活動に従事している。

::::::::::::::::::::

お二人の通訳・滞在費用カンパにご協力をお願いします!!!

ポルトガル語、英語、韓国語の通訳ボランティアの方々への謝礼、長野五輪から20年・現地ツアー、東京各地でのフィールドワークと、お金がたくさんかかります。しかし反五輪の会、お金がありません……

目標:10万円

暖かいご支援をどうかよろしくお願いいたします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【反五輪の会 口座】
みずほ銀行本郷支店(店番号075)
普通口座
2936242
ハンゴリンノカイ
●ソリダリティ!はんごりんトートバッグ 販売中!!

売上はすべて、はんごりん国際連帯ツアー経費に充てます。

ぜひご購入を!

価格700円
各イベント会場にて販売 ※限定200枚

通販のお取り扱い
IRREGULAR RHYTHM ASYLUM
Tel03-3352-6916

::::::::::::::::::::
はんごりん国際連帯ツアー イベント・スケジュール 全日程
HANGORIN Solidarity tour Information

2/18(土) シンポジウム「反オリンピックと都市―リオ・ピョンチャン・東京」
Social Movement against Olympic Games: Rio de Janeiro・Pyeongchang・Tokyo
出演:いちむらみさこ、町村敬志、ジゼレ・タナカ、イ・ギョンリョル
14:00~18:00  上智大学四谷キャンパス2号館408教室(四ッ谷駅5分)
※無料
主催:上智大学グローバル・コンサーン研究所(Tel 03-3238-3023 i-glocon@sophia.ac.jp)

2/19(日) はんごりん 交流フィールドワーク in神宮外苑・千駄ヶ谷
13:00~外苑前交差点(銀座線外苑前駅) 時計台ひろば集合 ※無料
16:20ころ 千駄ヶ谷区民会館(原宿駅徒歩8分)にて解散
「《連続シンポ》福島原発事故から6年―「復興」の名の下に切り捨てられる人びと」(主催:福島原発事故緊急会議)に参加予定
主催:反五輪の会(hangorin2020@gmail.com)

2/24(金) はんごりん 国際連帯熱烈歓迎デモ &リオ・ピョンチャン・東京ソリダリティパーティ!
18:30 新宿駅東口アルタ前ひろば集合 → 新宿通りデモンストレーション
19:30 カフェ・ラバンデリア(新宿三丁目駅すぐ)にてパーティ!
トーク、LIVE、デモコール創作、DJタイム  ※カンパ制/1ドリンクオーダー
出演・うらん(歌)ねこいち(パンデイロ)稲葉光(ギター)、中川五郎、El Shingonほか
カフェ・ラバンデリア(Tel 03-3341-4845)
主催:反五輪の会 (hangorin2020@gmail.com)

2/25(土) 国際おことわりコンベンション(IOC) 韓国から イ・ギョンリョルさんをお招きしてhttp://www.2020okotowa.link/
出演・イ・ギョンリョル、谷口源太郎、鵜飼哲
※資料代500円
13:00~ ピープルズ・プラン研究所(江戸川橋駅1-b出口10分)
Tel 03-6424-5748
主催:「2020オリンピック災害」おことわり連絡会

2/28(火) シンポジウム「女性の都市への権利 オリンピック開催都市での喪失」
出演・ジゼレ・タナカ、首藤久美子、いちむらみさこ、他スペシャルゲスト
18:30~20:30 在日本韓国YMCAアジア青少年センター502号会議室(水道橋駅、御茶ノ水駅、神保町駅 Tel 03-3233-0611)
※資料代800円
定員40名
申込制 ⇒ 申し込みはコチラのフォームから
主催:特定非営利活動法人アジア女性資料センター、反五輪の会

3/3(金) 国際おことわりコンベンション(IOC) リオから ジゼレ・タナカさんをお招きして
出演・ジゼレ・タナカ ※資料代500円
18:30~ 千駄ヶ谷区民会館(原宿駅10分、北参道駅5分) Tel 03-3402-7854
主催:「2020オリンピック災害」おことわり連絡会

3/5(日) 【大阪】シンポジウム「グローバルメガイベント闘争と我々の生」(仮)
出演・ジゼレ・タナカ
16:00~ 詳細未定
場所:大阪市西成区山王周辺(お問い合わせください)
連絡先:mochikinokimochi(@)gmail.com(モチキ)

⇒ スケジュール表はコチラからプリント

反五輪の会
hangorin2020(@)gmail.com

【イベント】2月18日:上智大学:反オリンピックと都市―リオ・ピョンチャン・東京

イベントのご案内

反オリンピックと都市―リオ・ピョンチャン・東京

Social Movement against Olympic Games: Rio de Janeiro・Pyeongchang・Tokyo

一国の開発や復興を掲げて開催されるオリンピック。そのネガティブな側面が議論されることも多いが、オリンピックとなると、他のメガイベントにもまして、抗議の声はかき消されてしまう。都市において普段は見えなくされている権力関係は、貧困層の立ち退き、開発主義による環境破壊など、オリンピックによって顕在化する。普段は見えない権力関係が、オリンピックを梃子にして、どのように作用するのか。リオの都市開発と貧困層の追い出し、ピョンチャンの環境破壊など外国では何が起きたのか、そして東京では2020年に向けて、すでに何が起きているのか、それはオリンピックのいかなる権力作用によるものなのだろうか。シンポジウムでは、リオ、ピョンチャン、東京の社会運動の現場から、オリンピックで争われる都市の価値とは何かを議論する。

日時:2017年2月18日(土) 14時~18時
上智大学四谷キャンパス2号館408教室(正門から入ってすぐ左手の建物)
四ッ谷駅から徒歩5分(JR中央線・総武線、南北線・丸の内線)
入場無料・予約不要

いちむらみさこ(Ichimura Misako)
アーティスト。2003年より東京都内の公園のテント村に住みながら、絵を描く集い、エノアール運営。野宿者運動にかかわりながら、反五輪の会で活動。著書に『Dearきくちさん―ブルーテント村とチョコレート』キョートット出版他。

町村敬志(Machimura Takashi)
社会学者。一橋大学教授。専門は都市社会学。著書に『世界都市東京の構造転換』、『開発主義の構造と心性―戦後日本がダムでみた夢と現実』、編著に『都市空間に潜む排除と反抗の力』など他多数。

ジゼレ・タナカ(Giselle Tanaka)
建築家、都市研究者。リオデジャネイロ大学都市計画研究所所員。リオ五輪の対抗イベント『JOGOS DA ECLUSAO(排除のゲーム)』主催者のひとり。

李敬烈(イ・ギョンリョル)(Lee Kyung Yeol)
スポーツ平和フォーラム幹事。高麗大学教育大学院で体育を専攻。2011年に反対運動にもかかわらず東大門運動場が撤去され、東大門デザインプラザが建設されたことを一顧だにしなかったアカデミズムに幻滅。体育が政府の権力を強化し政治的業績をあげるために利用されることに抵抗し、体育の価値を多様な形で提示すべくNGO活動に従事している。

主催 上智大学グローバルコンサーン研究所

1月22日集会発言(動画と資料)

鵜飼哲さん (資料1資料2

谷口源太郎さん(スポーツジャーナリスト)(資料

山本敦久さん(成城大学)(資料

アツミマサズミさん(東京にオリンピックはいらないネット)(資料

北村小夜さん(元教員)(資料

江沢正雄さん(オリンピックいらない人たちネットワーク)(資料

友常勉さん(東京外国語大学)(資料

なすびさん(被ばく労働を考えるネットワーク)(資料準備中)

韓国からのアピール(ビデオ参加)(動画はありません)

いちむらみさこさん(Planetary No Olympics Network)

脇義重さん(元・いらんばい!福岡オリンピックの会)

金滿里さん(劇団態変)(ビデオ参加)

井上森さん(立川自衛隊監視テント村)(資料

池田五律さん(戦争に協力しない・させない練馬アクション)(資料

根津公子さん(「日の丸・君が代」被処分元教員)(資料1)(資料2

小川てつオさん(反五輪の会)(資料

フランスからのメッセージ「放射能まみれのオリンピックにノンを!」(資料

ジャン=マリ・ブロームさんのアピール(資料

 

 

 

 

【抗議声明】1.22のオリンピック反対デモでの弾圧・不当逮捕に抗議する!人権無視のオリンピックはおことわりだ!

English

2017年1月25日 「2020オリンピック災害」おことわり連絡会(おことわリンク)
東京都千代田区神田淡路町1-21-7 静和ビル1A
スペース・お茶の水 アタック首都圏気付
http://www.2020okotowa.link/

1月22日、私たちは集会を持ち、2020年の東京オリンピック開催に反対し、その返上(おことわり)を求める運動をスタートさせました。

集会に先立ち、私たちとオリンピック反対の意志をともにする仲間である「反五輪の会」は、「五輪ファーストおことわり!オリンピックやめろデモ」を開催し、私たちの集会にも合流してくれました。私たちの多くもまた、このデモに参加していました。

当日、原宿駅前から出発したデモは、出発前から大量の公安警察に取り囲まれました。まったく異様な状況が現出していたのです。警備の警察官たちはデモにたいして不要な規制をし、参加者を押したりするなど、挑発的な態度を一貫してとり続けました。さらにその外側に多くの私服警官が配置され、不当なビデオ撮影などの監視を続けていました。

そうした状況の中で、1人のデモ参加者が、突然、公安警察によってデモ隊から引きずり出され、地面に押しつけられて逮捕されるという事件が起こったのです。たくさんの人が歩いていた繁華街、白昼での出来事でした。

当該はただちに赤坂署に連行され、留置されましたが、24日午後、検事釈放となりました。被疑事実とされた「公務執行妨害」などなかったのだからあたりまえのことです。しかしこの事実は、反オリンピックという主張を、なんらかの理由を付けて取り締まろうとする権力の意思の存在を実感させるものでした。

私たちは、当日の集会で採択した宣言で、たった2週間開催されるに過ぎないオリンピック・パラリンピックのために、総経費2、3兆円にも上るカネがつぎこまれ、政財界・スポーツ界の利権屋どもに分配されること、施設やインフラ建設のために、多くの生活者が生活の拠点を破壊され、強制排除されている現実、そしてそれらに抗議する人びとやオリンピックに異を唱える多様な声を圧殺し、「反テロ」をも名目にしながら、強圧的な運動つぶし、住民監視体制がつくりだされていることなど、「すべてはオリンピックのために」あらゆる人権や生活が破壊され続けている現実を「オリンピック災害」と名指しました。私たちがそのような宣言を発したまさにその日におこったこの弾圧は、その日以降、オリンピックに反対の声をあげていくことに対して容赦なく襲いかかってくるであろう「災害」のひとつの姿を、私たちにあらためて見せつけたともいえます。

現在の日本社会の現実は、「復興五輪」とか「アンダーコントロール」の宣伝に覆い隠されようとする原発事故・放射能被害や被災者の棄民、日米安保体制のもとでの基地の存在と新たな基地建設によって、沖縄の人びとのくらしが日常的に脅かされるなど、あらゆる場面において人為的にひきおこされた「災害」にまみれています。2020年オリンピックが、それらの「災害」の責任者たちの勝利の祭典であるならば、私たちはその総体を否認する声をあげるのみです。

これらの「災害」と、それに対する抵抗は、すでに開始されています。「反オリンピック」の闘いも、各地で、また国際的なスケールにおいても積み重ねられてきています。そして今回の弾圧への反撃も、そうしたもののひとつです。私たちは、これらの活動とともにあることで、そして今後みずからが展開していく活動をつうじて、こうしたオリンピック反対の多様な行動に連なっていきます。

オリンピック弾圧を許さない!
赤坂署は不当逮捕を認め、1.22デモ被弾圧者に謝罪せよ!
人権無視と排除の祭典はいらない!

●詳しくは以下
救援会ブログ http://oidashisuruna.blogspot.jp/
反五輪の会ブログ https://hangorin.tumblr.com

おことわリンクブログ http://www.2020okotowa.link/ からもリンクがあ
ります。

【報道】(OurPlanet-TV)「東京五輪おことわり」五輪返上を訴える市民団体結成

2020年の東京五輪開催に反対する研究者や市民らが22日、「2020オリンピック災害」おことわり連絡会を結成した。東京・渋谷で開催された集会にはおそよ100人が集まり、参加者が次々とスピーチを行った。一橋大学大学院の鵜飼哲教授は、東京電力福島第一原発事故によって、今なお避難を強いられている人がいることを指摘し「復興ではなく、東京の再開発に膨大なお金、労働力、資材をつぎ込もうとしている。復興妨害五輪だ」と批判した。

集会に先立ち、反五輪の会の呼びかけでデモ行進が行われ、新国立競技場周辺を練り歩いた。参加者は、強制的な立ち退きが行われている都営霞が丘アパート前などを歩きながら、「野宿者追い出しオリンピック」「五輪ファーストおことわり」などと声を上げた。

デモ行進では、参加者数を超える警察官が警備にあたり、「早く歩きなさい」などと声をかけるなど、参加者に対して、嫌がらせをするような場面もあった。途中、参加者と警察とのもみあいが起こり、参加者1人が逮捕された。反五輪の会の首藤久美子さんは「東京五輪の開催を決める際、住民投票もなかったし、選挙の争点となったことももなかった。反対派の声が聞かれたことがないのに、デモの警察の数ばかりが多く、オリンピックをやめろという声があげづらくなっている」と批判した。

OurPlanet-TVのウエッブから転載しました。