カテゴリー別アーカイブ: 声明など

プレスリリース 国際会議「東京電力原発事故による大惨事 – 福島と周辺地域の人々に対する人道的および法的支援の可能性」

9 月 21 日から23 日にかけてドイツのフランクフルトで開催された国際会議のプレスリリースを転載します。(管理人)


プレスリリース
国際会議「東京電力原発事故による大惨事 – 福島と周辺地域の人々に対する人道的および法的支援の可能性」
2018 年 9 月 21 日〜23 日 ドイツのフランクフルトで開催「フクシマとの連帯」

【フランクフルト=アンドレアス・ジングラー】
反原発グループの国際ネットワークがドイツの国際会議で、日本政府及び東京電力に対し、2011 年の福島原発事故でもたらされた損害を完全に賠償すること、被災者全員に 2020 年の東京オリンピック後も継続して必要な支援を保証することを要請した。

フランクフルトにあるエキュメニカル(世界教会)センターで開催された国際会議「東京電力原発事故による大惨事 – 福島と周辺地域の人々に対する人道的および法的支援の可能性」には、欧州諸国や日本から 30 名以上が参加した。国際ネットワークの要請は、約 4000 人の原告からなる「生業訴訟」の原告団代表が、フランクフルトの国際会議で紹介した訴訟内容に対する連帯の表明である。原告団は、2017年 10 月 10 日に福島市地方裁判所の第一審で、東京電力だけではなく日本政府の責任も認める判決は勝ち取ったが、現在の第二審では特に、はるかに増額し
た損害賠償金を強く求めている。

「私たちは、被災者全員に対する損害賠償および事故前の生活と生業の復元を求めることで、原発事故がおきて求められた賠償を本当に行えば国家破綻を意味しかねないこと、そして唯一のまともな解決策は脱原発しかないということを明らかにしたいのです」と、中島孝(なかじまたかし)原告団長(福島県相馬市在住)は訴えた。そして、こう付け加えた。「私たちにとって、補償金だけが問題なのではありません。私たちの故郷も取り戻したいのです」。

会議の参加者はさらに、日本政府および福島県による危険な帰還政策を非難した。かつては立ち入り禁止だった区域で年間の被ばく線量が 20 ミリシーベルトを超えない場合、2012 年以降徐々に避難が解除されてきた。20 ミリシーベルトは原発事故以前の基準値の 20 倍で、あまりにも高すぎるというのが会議参加者の見解である。「核戦争防止国際医師団(IPPNW)」という組織から参加したシュツットガルトのヨーグ・シュミット医師によれば、「これ以下では健康に害を及ぼさないという放射線量はない」。そのため参加者たちは、福島県で除染作業に携わっている何万人
もの労働者が、健康リスクに曝されているという懸念も表明した。さらに国際ネットワークは、国際オリンピック委員会(IOC)および他の国際的なスポーツ団体に対し、2020 年の東京オリンピック大会が日本政府によって政治的に利
用されると警鐘を鳴らした。2020 年のオリンピックが、福島の原発事故による大惨事を忘却させることに貢献するだろうという、正当な理由に基づく懸念があるからだ。

この国際会議には、福島からの原告団、キリスト教女子青年会(YWCA)や欧州諸国で活動している日本人たちの他にも、ドイツ人の原子力関連法曹、教会の代表、医師やジャーナリストが参加した。(日本語訳:川崎陽子)

五輪災害パンフ(ポケット携帯版)ができました!

五輪は冗談ではなくマジな災害です。災害の実態がひと目でわかるパンフを作成しました。画像をクリックすると拡大されます。(PDF形式)

 

 

 

 

 

 

 

 

実際の紙版はA3サイズを折ってポケットに入れられる体裁になっています。A3サイズの紙版は下記からダウンロードしてください。(PDFです)

https://drive.google.com/file/d/1IRFJfg2X_iIPFCBfe8CJ5AJ_l1v9JrRU/view?usp=sharing

折り方は下記の図を参照してください。

真ん中を後側に折ります。

二つ折りにした長方形の真ん中を折り(1)、左右をそれぞれ二等分して後側に折ります。「東京五輪防災」が表になります。名刺二枚分くらいの大きさになります。

宮下公園全面封鎖、野宿者排除にともなう2日連続の不当逮捕を許さない!

3月27日と28日に、渋谷区は、宮下公園の抜き打ち封鎖を強行し、区職員や警察の暴力のなか、二名の仲間が不当にも逮捕されました。3月31日付でオリンピック弾圧おことわり救援会が下記のような抗議声明を出しました。皆さんからの熱いご支援をよろしくお願いいたします。(抗議先、カンパ先は下記の声明をごらんください)

【お詫びとお知らせ】1月22日集会における車イス利用者へのお詫び、及び、今後の対応

私たちが主催した1月22日集会は、渋谷区千駄ヶ谷区民会館2階にある集会場で開かれました。同会館にはエレベーターがありませんでした。そして、集会のために来場された車イス利用者の方が2階に上がることが出来ず、結果として、参加を断念する事態になりました。

私たちは、同会館がそのような欠陥を持っていることについて確認せず、従って対応も考えていなかったことを反省しています。

参加を断念せざるをえなかった方に対して、「おことわリンク」として深く陳謝をいたします。 大変申し訳ありませんでした。今後の対応については以下のように考えています。

1. イベント・集会などを企画するときに、誰もが参加しやすい場所を出来るだけ選ぶ

2. 会場などのバリア状況について事前に告知する

3. そのバリアが障害になる方の参加に際しては、施設に対する要望なども含め最善の方法をともに考えるようにする

また、パラリンピックに反対する視点や意見を共有し深化させていくことが、私たちの重要な取り組みの1つだと考えています。 今回のことを教訓としながら、様々な立場・状態の方々とともに進めることのできる運動にしていきたいと思います。

【反五輪の会】共謀罪、断固反対!!

共謀罪、断固反対!!

安部首相は、テロ等準備罪(以下、共謀罪)が国際組織犯罪防止条約の締結に必要で、「条約を締結できなければ東京五輪を開けないと言っても過言でない」と述べている。

大いに結構ではないか。
共謀罪法案も東京五輪もまとめて返上していただこう。
ちなみに、国際組織犯罪防止条約とは、テロ対策ではなく、国際的な暴力団などの経済犯罪防止を目的としている。また、共謀罪などなくても批准できるらしい(日弁連リンク)。
安部首相は、国際的なややこしげな条約を持ち出せば煙にまけると思っているようだ。
本気で同条約のことを考えているのならば、条約を補完する「人身取引」議定書(2005年国会承認、未批准)に違反する現状を改めたらどうなのか。日本では、高額の渡航前費用に縛られている外国人技能研修生や偽装結婚などで入国させられ風俗産業等で働くことを強制されている女性などの奴隷的処遇の人々が存在している。(米国国務省人身売買報告書2015年リンク)
安部首相は五輪を持ち出せば、何でも通ると思っているようだ。利権に基づく都市再開発、野宿者排除、公共住宅破壊、これらが東京五輪の旗の元に行われてきた。この列に共謀罪が加わることによって、五輪は最悪の免罪符であることがますます明らかになってきた。
悪法は入り口で止めるべきだ。
私たち反五輪を掲げる団体に対する不当な捜査や弾圧が強く懸念され、反五輪と言いにくいムードが今以上に醸成されるだろう。それだけではなく、共謀罪は、警察の捜査対象と弾圧の無制限の拡大をもたらすものだ。一般人は関係ないというのは、治安維持法の時も言っていた戯れ言にすぎない。一昨年の秘密保護法、昨年の集団的自衛権ふくむ安保法、沖縄ではたくさんのひとを逮捕して米軍基地建設強行と戦争準備が着々と進んでいる。
人権よりも五輪が大事という「五輪ファースト」は許しがたいし、平和を脅かす祭典であるオリンピックはいらない。

反五輪の会は、思想・良心・表現の自由に反し、警察監視社会を強化する共謀罪に断固反対する。
反五輪の会ブログより転載

【抗議声明】1.22のオリンピック反対デモでの弾圧・不当逮捕に抗議する!人権無視のオリンピックはおことわりだ!

English

2017年1月25日 「2020オリンピック災害」おことわり連絡会(おことわリンク)
東京都千代田区神田淡路町1-21-7 静和ビル1A
スペース・お茶の水 アタック首都圏気付
http://www.2020okotowa.link/

1月22日、私たちは集会を持ち、2020年の東京オリンピック開催に反対し、その返上(おことわり)を求める運動をスタートさせました。

集会に先立ち、私たちとオリンピック反対の意志をともにする仲間である「反五輪の会」は、「五輪ファーストおことわり!オリンピックやめろデモ」を開催し、私たちの集会にも合流してくれました。私たちの多くもまた、このデモに参加していました。

当日、原宿駅前から出発したデモは、出発前から大量の公安警察に取り囲まれました。まったく異様な状況が現出していたのです。警備の警察官たちはデモにたいして不要な規制をし、参加者を押したりするなど、挑発的な態度を一貫してとり続けました。さらにその外側に多くの私服警官が配置され、不当なビデオ撮影などの監視を続けていました。

そうした状況の中で、1人のデモ参加者が、突然、公安警察によってデモ隊から引きずり出され、地面に押しつけられて逮捕されるという事件が起こったのです。たくさんの人が歩いていた繁華街、白昼での出来事でした。

当該はただちに赤坂署に連行され、留置されましたが、24日午後、検事釈放となりました。被疑事実とされた「公務執行妨害」などなかったのだからあたりまえのことです。しかしこの事実は、反オリンピックという主張を、なんらかの理由を付けて取り締まろうとする権力の意思の存在を実感させるものでした。

私たちは、当日の集会で採択した宣言で、たった2週間開催されるに過ぎないオリンピック・パラリンピックのために、総経費2、3兆円にも上るカネがつぎこまれ、政財界・スポーツ界の利権屋どもに分配されること、施設やインフラ建設のために、多くの生活者が生活の拠点を破壊され、強制排除されている現実、そしてそれらに抗議する人びとやオリンピックに異を唱える多様な声を圧殺し、「反テロ」をも名目にしながら、強圧的な運動つぶし、住民監視体制がつくりだされていることなど、「すべてはオリンピックのために」あらゆる人権や生活が破壊され続けている現実を「オリンピック災害」と名指しました。私たちがそのような宣言を発したまさにその日におこったこの弾圧は、その日以降、オリンピックに反対の声をあげていくことに対して容赦なく襲いかかってくるであろう「災害」のひとつの姿を、私たちにあらためて見せつけたともいえます。

現在の日本社会の現実は、「復興五輪」とか「アンダーコントロール」の宣伝に覆い隠されようとする原発事故・放射能被害や被災者の棄民、日米安保体制のもとでの基地の存在と新たな基地建設によって、沖縄の人びとのくらしが日常的に脅かされるなど、あらゆる場面において人為的にひきおこされた「災害」にまみれています。2020年オリンピックが、それらの「災害」の責任者たちの勝利の祭典であるならば、私たちはその総体を否認する声をあげるのみです。

これらの「災害」と、それに対する抵抗は、すでに開始されています。「反オリンピック」の闘いも、各地で、また国際的なスケールにおいても積み重ねられてきています。そして今回の弾圧への反撃も、そうしたもののひとつです。私たちは、これらの活動とともにあることで、そして今後みずからが展開していく活動をつうじて、こうしたオリンピック反対の多様な行動に連なっていきます。

オリンピック弾圧を許さない!
赤坂署は不当逮捕を認め、1.22デモ被弾圧者に謝罪せよ!
人権無視と排除の祭典はいらない!

●詳しくは以下
救援会ブログ http://oidashisuruna.blogspot.jp/
反五輪の会ブログ https://hangorin.tumblr.com

おことわリンクブログ http://www.2020okotowa.link/ からもリンクがあ
ります。