【抗議声明】1.22のオリンピック反対デモでの弾圧・不当逮捕に抗議する!人権無視のオリンピックはおことわりだ!

English

2017年1月25日 「2020オリンピック災害」おことわり連絡会(おことわリンク)
東京都千代田区神田淡路町1-21-7 静和ビル1A
スペース・お茶の水 アタック首都圏気付
http://www.2020okotowa.link/

1月22日、私たちは集会を持ち、2020年の東京オリンピック開催に反対し、その返上(おことわり)を求める運動をスタートさせました。

集会に先立ち、私たちとオリンピック反対の意志をともにする仲間である「反五輪の会」は、「五輪ファーストおことわり!オリンピックやめろデモ」を開催し、私たちの集会にも合流してくれました。私たちの多くもまた、このデモに参加していました。

当日、原宿駅前から出発したデモは、出発前から大量の公安警察に取り囲まれました。まったく異様な状況が現出していたのです。警備の警察官たちはデモにたいして不要な規制をし、参加者を押したりするなど、挑発的な態度を一貫してとり続けました。さらにその外側に多くの私服警官が配置され、不当なビデオ撮影などの監視を続けていました。

そうした状況の中で、1人のデモ参加者が、突然、公安警察によってデモ隊から引きずり出され、地面に押しつけられて逮捕されるという事件が起こったのです。たくさんの人が歩いていた繁華街、白昼での出来事でした。

当該はただちに赤坂署に連行され、留置されましたが、24日午後、検事釈放となりました。被疑事実とされた「公務執行妨害」などなかったのだからあたりまえのことです。しかしこの事実は、反オリンピックという主張を、なんらかの理由を付けて取り締まろうとする権力の意思の存在を実感させるものでした。

私たちは、当日の集会で採択した宣言で、たった2週間開催されるに過ぎないオリンピック・パラリンピックのために、総経費2、3兆円にも上るカネがつぎこまれ、政財界・スポーツ界の利権屋どもに分配されること、施設やインフラ建設のために、多くの生活者が生活の拠点を破壊され、強制排除されている現実、そしてそれらに抗議する人びとやオリンピックに異を唱える多様な声を圧殺し、「反テロ」をも名目にしながら、強圧的な運動つぶし、住民監視体制がつくりだされていることなど、「すべてはオリンピックのために」あらゆる人権や生活が破壊され続けている現実を「オリンピック災害」と名指しました。私たちがそのような宣言を発したまさにその日におこったこの弾圧は、その日以降、オリンピックに反対の声をあげていくことに対して容赦なく襲いかかってくるであろう「災害」のひとつの姿を、私たちにあらためて見せつけたともいえます。

現在の日本社会の現実は、「復興五輪」とか「アンダーコントロール」の宣伝に覆い隠されようとする原発事故・放射能被害や被災者の棄民、日米安保体制のもとでの基地の存在と新たな基地建設によって、沖縄の人びとのくらしが日常的に脅かされるなど、あらゆる場面において人為的にひきおこされた「災害」にまみれています。2020年オリンピックが、それらの「災害」の責任者たちの勝利の祭典であるならば、私たちはその総体を否認する声をあげるのみです。

これらの「災害」と、それに対する抵抗は、すでに開始されています。「反オリンピック」の闘いも、各地で、また国際的なスケールにおいても積み重ねられてきています。そして今回の弾圧への反撃も、そうしたもののひとつです。私たちは、これらの活動とともにあることで、そして今後みずからが展開していく活動をつうじて、こうしたオリンピック反対の多様な行動に連なっていきます。

オリンピック弾圧を許さない!
赤坂署は不当逮捕を認め、1.22デモ被弾圧者に謝罪せよ!
人権無視と排除の祭典はいらない!

●詳しくは以下
救援会ブログ http://oidashisuruna.blogspot.jp/
反五輪の会ブログ https://hangorin.tumblr.com

おことわリンクブログ http://www.2020okotowa.link/ からもリンクがあ
ります。

【報道】(OurPlanet-TV)「東京五輪おことわり」五輪返上を訴える市民団体結成

2020年の東京五輪開催に反対する研究者や市民らが22日、「2020オリンピック災害」おことわり連絡会を結成した。東京・渋谷で開催された集会にはおそよ100人が集まり、参加者が次々とスピーチを行った。一橋大学大学院の鵜飼哲教授は、東京電力福島第一原発事故によって、今なお避難を強いられている人がいることを指摘し「復興ではなく、東京の再開発に膨大なお金、労働力、資材をつぎ込もうとしている。復興妨害五輪だ」と批判した。

集会に先立ち、反五輪の会の呼びかけでデモ行進が行われ、新国立競技場周辺を練り歩いた。参加者は、強制的な立ち退きが行われている都営霞が丘アパート前などを歩きながら、「野宿者追い出しオリンピック」「五輪ファーストおことわり」などと声を上げた。

デモ行進では、参加者数を超える警察官が警備にあたり、「早く歩きなさい」などと声をかけるなど、参加者に対して、嫌がらせをするような場面もあった。途中、参加者と警察とのもみあいが起こり、参加者1人が逮捕された。反五輪の会の首藤久美子さんは「東京五輪の開催を決める際、住民投票もなかったし、選挙の争点となったことももなかった。反対派の声が聞かれたことがないのに、デモの警察の数ばかりが多く、オリンピックをやめろという声があげづらくなっている」と批判した。

OurPlanet-TVのウエッブから転載しました。

【緊急声明】1.22五輪ファーストおことわり!オリンピックやめろデモ 不当逮捕に抗議!

1月22日(日)、私たち反五輪の会が呼びかけた「五輪ファーストおことわり!オリンピックやめろ!デモ」において、参加者1名がデモ隊列から引きずりだされ、連れ去られ、逮捕されるという、トンデモない弾圧事件が起こった。

警視庁の行いはデモ妨害以外の何ものでもなく、法令の根拠を欠く職権の濫用である。

私たちのデモは、人間の尊厳を傷つけ、人々の生活を破壊するオリンピック、そして、そこにはびこる暴力に対して、参加者それぞれのスタンスを調和させながら、断固とした不服従と反対の意思を示そうと行われたものだ。

警視庁公安部よ。

諸君が「妨害」されたという「公務」とは、一体どういう必要性にもとづくものであったのか?

あなた達の憎悪は「犯罪」に向けられているものではなく、ただこの「国策としてのオリンピックを受け入れない」という、私たちの「非-従順な態度」に向けられたものではないのか?

地獄の東京五輪開催まで、あと3年半―。

ここに到ってオリンピック・パラリンピックは、遂にそのどう猛な牙を剥き出しにし始めた。

そして「治安維持」「テロ防止」のエサに群がり跳ね回る黒ネズミこそが日本警察である。

折りしも「共謀罪」の設置が、性懲りもなく実行されようとしている今日。

オリンピック反対を叫ぶ街頭アクションへの弾圧が、いよいよ現実のものとなってしまったのだ!

人の自由を力づくで押さえつけ、「生き血」を吸いとって行われる“平和の祭典”を、どうして「笑顔」で迎えることなどできるだろうか!!

決して笑わぬ者を、白昼の交差点でなりふり構わず路上に叩きつけねじ伏せ、表舞台から連れ去り、隔絶し監禁し痛めつける。それが、“東京五輪でおもてなし”の実態なのだ。

人の尊厳を知るものとして、私たちは絶対にこのような卑劣な弾圧に屈しない!

私たちの不服従の意思は、どこまでも増殖する。

利権にまみれた五輪カルテルは、恥辱を知ることなく、自らの舞台そのものを崩落させるだろう!!

オリンピック弾圧糾弾!!!

警視庁はいますぐ参加者を解放しろ!

2017年1月23日 反五輪の会
ブログ https://hangorin.tumblr.com
メール hangorin2020@gmail.com
___________

デモで不当逮捕された参加者は、警視庁赤坂署に拘束されています。
是非電話での抗議をお願いします!

警視庁赤坂警察署 03-3475-0110

※非通知発信は、電話会社への紹介で番号が特定できます。先方に電話番号を知らせたくないという方は、公衆電話よりおかけ下さい
——————
「オリンピック弾圧おことわり救援会」が立ち上がっています。救援会ブログにも今後ご注目ください(準備中)。
http://oidashisuruna.blogspot.jp

【お知らせ】1月22日反五輪の会主催のオリンピックいらない!デモ

正午に原宿、表参道の神宮橋からスタート。千駄ヶ谷区民会館まで約1時間のデモと沿道の歩行者のみなさんに災害オリンピックはいらない!のチラシを配布しました。沿道の関心は高く、チラシの受取りもよかったです。

デモ出発地点での集会

デモ!!!

デモ!!!