サンフランシスコ・クロニクル:COVIDの長い影の下、2021年に東京オリンピックを開催すべきではない

以下、サンフランシスコ・クロニクル5月3日づけの記事の訳です。
記事のトップに反対運動の写真が大きく掲載されました。またニュージーランドのStuff紙は「Top epidemiologist calls on government to intervene as Kiwis prepare to travel to Tokyo for Olympics」(疫学専門家が東京オリンピックに向けたニュージーランド人の渡航に政府が介入を要請)という記事を掲載しています。この記事については東京スポーツが報じています。

=============================================
COVIDの長い影の下、2021年に東京オリンピックを開催すべきではない
オリジナル記事(英文)
FILE - In this March 25, 2021, file photo, a 写真:アン・キリオン
アン・キリオン
2021年5月3日

(写真キャプション)2021年3月25日、東京で行われた2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向けたデモで、デモ参加者が「オリンピック反対」の横断幕を掲げている様子。日本の一部の看護師は、東京オリンピックの主催者から500人の看護師の派遣を要請されたことに憤慨している。彼らは、コロナウイルスのパンデミックへの対応がすでに限界に近いと言っている。日本のツイッターでは、看護師がオリンピック開催に反対しているという抗議メッセージが話題になり、何十万回もリツイートされた。(AP Photo/Hiro Komae, File)
Hiro Komae / Associated Press

11週間。予定されている東京オリンピックの開会式までのおよその期間だ。

しかし、期間はこれに留まらない。

世界的なパンデミックのためにオリンピックが1年延期されたとき、国際オリンピック委員会は時間を稼いでいた。コロナウイルスを封じ込めるための時間、ワクチンの普及のための時間、恐怖や病気が収まるまでの時間。

しかし、パンデミック後初のグローバルイベントを安全に開催するにはそれだけでは十分ではないことがわかった。なぜなら、私たちはまだパンデミック後ではないからで、それどころではない。

ここアメリカでは、7月にオリンピックを開催することができるように思えるかもしれない。アメリカはロックダウンにはなく、ワクチンは豊富にあり、アメリカ人の3分の1は完全に接種している。多くの人々が安全を感じ始めている。

しかし、世界の多くの地域では、そうではない。そして、日本では間違いなくそうではない。

現在のコロナウイルスの世界地図を見てみよう。赤やオレンジの色に染まっているのは、被害の大きかったインドだけではない。ヨーロッパの一部、南アメリカの多くの地域では、いまだにウイルスが蔓延している。これらの国はすべて、オリンピックにチームを派遣する予定でいる。

日本は、多くの島国と同様に、国境とウイルスの管理を比較的うまく行っている。感染者数と死亡者数のリストを下にスクロールすると、日本にたどり着くまでにしばらく時間がかかる。それはいいことだ。

しかし、予防接種率の高い国のリストを下にスクロールすると、日本は最下位に近い。これはまずい。

日本には予防接種に関する長くて複雑な歴史があり、「ワクチンの信頼性」が低い。1990年代初頭、麻疹、おたふくかぜ、風疹のワクチンと無菌性髄膜炎の発生率との間に関連性があるとされたため、政府はアメリカや世界の多くの国では基本的な予防接種である麻疹の予防接種を推奨しなかった。また、日本政府は、女性の子宮頸がんを予防するためのHPVワクチンも推奨していない。

このようなワクチンに対するためらいと、日本の予防接種に対する規制当局の承認に対する保守的なアプローチを組み合わせることで、COVID-19ワクチンの承認と調達が遅れている要因となり、結果として予防接種を受けるための多くの障壁が生じている。これは、パンデミックでの最初の世界的イベント開催を予定する国にとっては好ましくない。

日本の人口の約3分の1が65歳以上という、世界でも有数の高齢化社会であるにもかかわらず、日本のワクチン接種率は世界でも最も低い水準にある。少なくとも1回のワクチン接種を受けた人は人口の2%にすぎない。

また、日本は前述のように比較的うまくウイルスをコントロールしてきたが、ウイルスの変異が現れ、感染者が増加している。ここ数日の間に、政府は東京、大阪、その他の地域で緊急事態を宣言した。この制限付きのプロトコルは、少なくとも来週の火曜日まで実施される予定だ。

門戸を開いて、超拡散イベントとなりうるものを開催するには、理想的な時期とは思えない。

日本国民は、パンデミックが猛威を振るっている最中にオリンピックを開催することには断固として反対している。世論調査では、常に7割以上が反対している。国内のファンがチケットを購入できるかどうかはまだ決まっていないが(外国人の観戦は認められない)、オリンピックに参加したいと思っている日本人はほとんどいないようだ。オリンピックの聖火が日本を通過する際、聖火ランナーは不満を持った野次馬から罵声を浴びせられている。

確かに、日本はすでにオリンピックに莫大な費用をかけており、改訂された試算では過去最高額の154億ドルに達している。しかし、パンデミックが私たちに教えてくれたことは、健康よりも経済を優先してはいけないということだ。この戦略は裏目に出る。

大会のプロトコルは限定的で、その多くは "バブリー "なものになるだろう。しかし、アスリートや他の参加者にはワクチン接種の義務はない。開催国を含む多くの参加国でワクチンが不足していることを考えると、どうしてできるというのか。

 アメリカでは、多くの地域でワクチンが豊富にあるため、オリンピック参加者全員にワクチンを接種させることに問題はないと思っているかもしれない。しかし、高齢者やリスクの高い人々がワクチン接種に苦労している国ではどうだろうか?

 ニューヨーク・タイムズ紙は最近、7万8千人の日本のオリンピックボランティアについての記事を掲載した。ボランティアは伝統的にオリンピックを円滑に運営するために活躍している。マスクをしていても、笑顔を絶やさず、フレンドリーに接することが求められる。日本の他の国民と同様に、ボランティアはワクチンをすぐに入手できない。仮にワクチンがあったとしても、世界が東京にやってくるまでに免疫力を確保するためには、数日中に接種する必要がある。

 オリンピックは私の大好きなイベントのひとつだ。私は1996年のアトランタ以来、すべての夏季オリンピックを取材してきたが、昨年、東京への航空券を返金しなければならなかったときは残念だった。

 しかし、オリンピックを魅力的にしているものが、まさに危険をもたらすものでもある。東京大会には、200以上の国から1万1000人以上のアスリートが集まり、さらにコーチやサポートスタッフ、スポンサー、メディアなどが加わってその倍の数になる予定だ。異なったライフスタイルや信念、背景を持つ人間が一堂に会し、大規模で平和な世界的祭典となることを意味している。
 そして今回は、コロナウイルスへの曝露率やワクチン接種率が大きく異なる人々が一堂に会す。
 東京オリンピックは時間を稼ごうとしたが、十分に稼げたとは思えない。

 アン・キリオンは、サンフランシスコ・クロニクル紙のコラムニスト。Email: akillion@sfchronicle.com Twitter: ツイッター: @annkillion

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です