コロナウィルスは、なぜ東京2020大会が中止されるべきなのかを暴露する

東京オリンピックはとっくに安全ではなかった。いまやもっとそうだ。

Dave Zirin(The Nation),Jules Boykoff

2020年のオリンピック推進の看板で飾られた東京都庁近くの横断歩道を渡る人々。 (Jae C. Hong / AP)

アニメは予言になれるだろうか?1988年の日本の古典アニメ『Akira』は、東京が2020年のオリンピック開催地になることを予測した。あるシーンには「オリンピックまであと147日」と書いた看板が出ていた。その真下には誰かが「中止だ中止」と殴り書きした落書き。今東京夏季オリンピックまでだいたい140日ある。大会の中止、あるいは延期は現実の可能性となっている。新型コロナウィルス・COVID-19が出現したからだ。

スタンフォード大学教授イヴォンヌ・マルドナード言ったように、オリンピックで『大勢の人間を集める。それから集めた人たちを世界中に送り返す。これは感染を広げる完璧な方法だ。』この感染症専門家はさらにこう言っている。『本気で病気を広げたいなら、これこそが取るべき方法だ。』

少なくともIOCの委員の一人、カナダのディック・パウンドは同感のようだ。AP通信のインタビューで彼は、IOCはおそらく5月末までには東京大会を開催で進めるかどうか決断する必要があるだろうと言って、警報を鳴らした。『そのころにはこう問わなくてはならなくなるだろう。われわれが自信を持って東京に行けるだけの十分なコントロール下にあるだろうか、とね。』日本のオリンピック担当大臣橋本聖子は今週、大会延期というアイデアを提示したが、これは今や可能性としてオープンになったものの、非現実的でもある。延期すると、米国の大学、NFLの秋のフットボールの日程に食い込んでしまうからだ。NBCはオリンピックに数十億ドル投じているー2011年、2020年までの放映権に44億ドル、それから2032年までのオリンピックに77億ドルというべらぼうな額を払っているー以上、大会は開催されるべきだと言い張るのは間違いない。世界的パンデミックにならない限りは。

しかし実際、大会はコロナウィルス流行のとっくの前に中止されるべきだったのだ。特に、オリンピック主催者と日本政府内の協力者たちに人々の健康への配慮があったなら。東京大会主催者たちはオリンピックを、2011年の地震、津波、福島第一原発のメルトダウンという3重災害からの”復興モニュメント“でいっぱいの『復興オリンピック』と名づけた。彼らは、”被災地”がオリンピック選手を支援し、それを世界が”応援する”という称賛の輪を描いた、おかしな図までつくりあげた(下記の画像)。お返しに”世界”は感謝を表明し、それを被災地を”応援する”。(この画は今日までウェブサイトに載っていた。)

これはもちろん、純然たるPR用のデタラメだ。筆者たちは2019年7月に福島を訪れ、福島はオリンピックの道具に使われたのだ怒る地元の方々と話をした。放射能まみれの土を詰めたプラスチックの大袋でできた”ブラック・ピラミッド”を見た。オリンピックに注ぎ込まれた大金ー政府の監査によると260億ドルほどだ、元は東京オリンピックは73億でできるとしていたのにーを使えたに違いない打ち捨てられた家や商業施設を見た。

オリンピックのドンたちは福島の住民たちに対して、物質的な支援ではなく、単なるシンボル的なものを提供しただけだ。来月聖火リレーが福島を出発地にして始まる。グリーンピースがこのほど聖火リレーのルート沿いに放射能ホットスポットがいくつかあることを暴いたという事実にもかかわらずだ。野球とソフトボールの試合も福島で行なわれる。つまり『復興五輪』という呼び名が残酷なジョークになっているのだ。関西大学のスポーツ・ジェンダー・セクシャリティ研究教授井谷聡子が筆者たちに語ったように『このオリンピックは文字通り、資金、労働者、クレーンを一番必要な地域から奪っている』。

独裁志向のある政治家たちはコロナウィルスで得をしたかもしれない。公衆衛生上の危機は無制限の独裁へのレシピになりうるからだ。日本の首相安倍晋三は長いこと、ブルームバーグニュースの表現を使うと”不穏な独裁的パターン“を示してきた。安倍晋三は頑として、東京オリンピックを延期する必要はないとしているが、ここには”うそつき総理”の力学が働いている。何しろこの首相は、東京がオリンピック招致を目指していた2013年、福島のことでピリピリしていた投票権のあるIOCの委員たちに、状況は『アンダーコントロール』だと言った男だ。全然そうではなかったというのに。安倍や他の政治家が「コロナウィルスはオリンピックに影響しない」と言うのを聞くと、多くの人の耳には、これまであの連中が吐いてきた空虚な約束のこだまが聞こえるのだ。

たとえ中止になったとしても、東京オリンピックはすでに損害を及ぼしたということを知っておかねばならない。オリンピック施設建設のために毎日人々が住み処を追われている。これは元に戻せない。福島ではインフラ整備のために人々が働いた。彼らはすでに被曝している。

開催地を以前開催した都市に変更するのはどうか。ロンドン市長候補の一人ショーン・ベイリーは、ロンドンでの開催を提案した。しかし、2012年に使われた競技会場の多くはもうなくなっており、選手村として作られたアパートにはもう住人がいる。2016年大会の開催地リオは明らかにだめだ。競技会場は多少ないしひどくボロボロで、国は、五輪憲章に謳われる気高い原則には全く一致するところのない右翼ヘイト風景の泥沼に沈んでいる。そしてリオの住民(カリオカ)は、自分たちの街にオリンピックが戻ってくることには関心がない。IOCが五輪後リオに残された費用負担の精算に力を貸さなかったことで、リオはIOCに苦い思いを抱いている。

オリンピックが中止された場合の日本経済へのマイナスについては、害はもう発生していると言えよう。立ち退きに加え、オリンピックで、選手村を建設したデベロッパーはとんでもない安値で土地を手に入れたが、ウィルスも中止もこれを変えられない。壁に書かれている。日本のためにオリンピックを中止する理由はやまほどある、と。コロナウィルスはそれを暴いただけだ。

——————–

著者について

Dave Zirin, The Nationのスポーツエディター。

Jules Boykoff、Pacific University in Oregonの政治学の教授、オリンピック競技に関する4冊の本の著者。四月に、ロスと東京のオリンピックを取り上げたNOlympians:Inside the Fight Against Capitalist Mega-Sportsを出版予定。

出典:The Coronavirus Exposes Why the Tokyo 2020 Olympics Should Be Canceled

https://www.thenation.com/article/society/coronavirus-tokyo-2020-olympics/

本文のリンク先は全て英語になります。

(飜訳:おことわリンクによる本文のみの仮訳です)

1 thought on “コロナウィルスは、なぜ東京2020大会が中止されるべきなのかを暴露する

  1. 高齢者

    ご意見に全面的に賛成です。
    そもそも嘘をついてまでオリンピックを誘致するべきではなかった。
    オリンピックを見たくもないし、興味もない。
    そういった人は多数いると思う。
    オリンピックはやりたい人が自分の金でやればよい。
    国を上げてやる必要は全くない。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です