2020おことわリンク連続学習会: 【第4回】オリンピックはスポーツをダメにする!?

2020おことわリンク連続学習会(第I期)

【第4回】オリンピックはスポーツをダメにする!?

日 時 10月9日(月・体育の日)14:00〜(13:30開場)
会 場 アカデミー音羽 多目的ホール(文京区大塚5−40−15)
メトロ有楽町線「護国寺駅」出口1から徒歩2分
(地図)https://goo.gl/maps/fgDcdBqZvfz
資料代 500円

◎おはなし

・山本敦久さん(成城大学教員)
アスリートたちの反オリンピック

・岡崎 勝さん(自由すぽーつ研究所・所長)
オリンピック精神からスポーツ・体育を問い直す

近代オリンピックの立役者、クーベルタン男爵が唱えたオリンピック精神とは「スポーツを通して心身を向上させ、文化・国籍などさまざまな違いを乗り越え、友情、連帯感、フェアプレーの精神をもって、平和でよりよい世界の実現に貢献する」というものでしたが、男爵自身が1936年のナチス・ベルリン五輪を高く評価したことでも有名です。巨大な国家的商業イベントはスポーツにとって本当に必要なのか。また近現代スポーツそれ自身に対する問いかけを反オリンピックを通して考えることは可能か。アスリートたちの反オリンピックの歴史を掘り起こす山本敦久さん、「汗と涙と感動のスポーツ」がもつ社会操作性が学校からスポーツ界全体を通して浸透すると警鐘を鳴らす岡崎勝さんに聞く。

山本敦久さん:成城大学社会イノベーション学部准教授(スポーツ社会学)。著書に『反東京オリンピック宣言』(編著、航思社、2016)、『身体と教養』(編著、ナカニシヤ出版、2016)、『オリンピック・スタディーズ』(共著、せりか書房、2014)など。

岡崎勝さん:フリープログラムスクール&放課後等児童デイサービス「アーレの樹」理事、元名古屋市教員、学校マガジン『お・は』編集長、『みんなでトロプス 敗者のいないゲーム』『反オリンピック宣言』(ともに風媒社)

■今後の予定

◎第5回 12月2日(土)午後
会場 一橋大学東キャンパス国際研究会4F大教室
ナショナルイベントと東京五輪
天野恵一さん VS 鵜飼哲さん

◎第6回 2018 年3月(日時・場所未定)
3・11と東京五輪


「2020 オリンピック災害」おことわり連絡会(おことわりンク)は、東京五輪を私たちの日常に対する「災害」であると捉え2017 年1 月22 日に結成。「オリンピック災害おことわり」の運動を国内外でリンクさせることを目指し、五輪東京開催を返上し、近代オリンピックの歴史に終止符を打ちたいと考えています。未定情報などはFacebookの「東京オリンピックおことわりンク」や下記ウェブサイトで確認を。

★「2020 オリンピック災害」おことわり連絡会(おことわりンク)
千代田区神田淡路町1-21-7 静和ビル1 階A
スペース御茶ノ水気付(ATTAC 首都圏)
電話 080-50520270  メール info@2020okotowa.link
ウェブサイト http://www.2020okotowa.link
Facebook http://fb.com/1378883338802691
★カンパを! 郵振 00120−7−324492
「オリンピック災害」おことわり連絡会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です