オリンピック反対!!聖火リレー反対!!各地の運動

おことわリンクの行動はトップページに掲載されています。

東京:5月18日 オリンピックを中止せよ JOC前抗議行動

広島:5月16日 バッハのヒロシマ利用を許すな!

【呼びかけ文】

COVID-19感染者数は、世界では5月4日17時時点、1億5300万人。死亡者数は320万人になりました。日本国内では、感染者数61万人、死亡者数は1万人をとうとう超えました。

この期に及んでも菅政権は、コロナ感染拡大防止対策を第一の政治課題に設定せずに、東京五輪の中止を決断できず、緊急事態宣言の期限をもIOCバッハ来日に合わせるとの姑息な政治決断を優先しております。

日本列島住民の命も健康も暮しも、この政権に任せているわけにはいきません。
新しい政治が必要です。

東京五輪の中止を求める声をここであげましょう。世界の市民へ被爆地・広島から声をあげましょう。
IOCバッハ会長の聖火リレーを止めましょう!

東京の心ある市民との同時行動です。

ぜひ、ご参集ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインスローガン】
バッハのヒロシマ利用を許すな!
Don’t Use Hiroshima as an Excuse for Bach !

東京五輪をただちに中止せよ!
Cancel the Tokyo Olympics Now !

安倍・菅・森・麻生・バッハの五人(輪)は、福島の苦しみを思い知れ!汚染水の海洋放出絶対反対!
Should the Men of Five Rings (Abe, Suga, Mori, Aso and Bach) realize the suffering of Fukushimans!
Absolutely against the release of contaminated water into the sea!

【行動提起】
●日 時:2021年5月17日(月)午後19時~21時
●場 所:原爆ドーム前集合
●内 容:「バッハのヒロシマ利用を許すな!東京五輪をただちに中止せよ!」広島デモ
●主 催:東京五輪の中止を求める広島連絡会
●代 表:足立修一(弁護士)
●事務局:090-4740-4608 takenaruaki@gmail.com(久野成章)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お願い】

趣旨に賛同し当日参加できる方には、ぜひ【呼びかけ人】になってください。
趣旨に賛同するが当日行動には参加できない方には、ぜひ【賛同人】になってください。
メイルにて以下までご連絡ください。よろしくお願い申し上げます。
takenaruaki@gmail.com(久野成章)

長野:5月16日オリンピックいらない!!

信州からオリンピックを考える@長野
日時 5月16日(日) 13:30〜16:30場所 女性会館しなのきホールhttps://www.shinanoki.org/map.html

発言 鵜飼哲(オリンピック災害おことわり連絡会)   小出裕章(元京都大学原子炉実験所助教)   江沢正雄(オリンピックいらない人たちネットワーク)
資料代 500円主催 オリンピックいらない人たちネットワーク問合わせ先 090(1654)5378(岡崎)
信州からオリンピックを考える@松本
日時 5月22日(土) 13:00開場            13:00〜16:30場所 あがたの森文化会館2−8https://mapfan.com/spots/SC355,J,CXE

発言 鵜飼哲(オリンピック災害おことわり連絡会)   江沢正雄(オリンピックいらない人たちネットワーク)   反五輪の会
資料代 500円主催 オリンピックの中止を求める松本の会共催 平和の種をまく会問合わせ先 0263(50)7823(カフェれら、14:00以降、金土以外)      090(9668)4878(館)      080(1018)8157(栗林)

福岡:5月11日(東京オリンピック不要団)

福岡の取り組みの詳細はこちらをごらんください。

沖縄:5月4日那覇のジュンク堂でのブックフェア

沖縄:5月3日 沖縄タイムスが報道

一連の行動を沖縄タイムスが報じています。記事はこちら

沖縄:5月3日:彫刻家金城実さんと「オリンピック中止」!!

沖縄:5月2日 スタンディング(県庁前広場から国際通りへ)

国際通りでアピール行動。手を振って賛同してくれる人たちも。

沖縄:5月1日 スタンディング(名護市民会館)

東京:4月30日 スタンディングに30名

今日の行動の参加者は30人を超えました。これまでになく初めて参加する方が何人かいました。ビラの受け取りもよく、取り組みの広がりを感じさせます。

沖縄・名護:4月29日集会

鵜飼哲さんの講演

沖縄:リレーおよび関連イベントの中止を求めて、沖縄県、名護市、糸満市に要望書

e1f5c1b7a254c22bd75969232598f217

f588f86af42e45763bfd8c231d23a7f3

9ba39023b2ad4cd6b2bc0f2b83a5c88f

沖縄でオリンピックを考える~鵜飼哲 講演会

fee098b18a41aa76a095af84d835021d

20210504okinawa_ukai

4/8 オリンピック強行反対!都庁・都教委行動

詳しくは、都教委包囲・首都圏ネットのブログへ https://houinet.blogspot.com/2021/04/blog-post_10.html

都教委包囲ネット提出の要請書およびアツミマサズミさん提出の要望書(都教委包囲・首都圏ネットにリンク)

長野(4月1日)

大阪:3月28日五輪反対集会の決議

2019年から2020年初めにかけて、日本では天皇代替わり、東京オリンピック・パラリンピックで根拠のない高揚感が煽られ、大阪でもG20、万博招致、「大阪都」構想を通じて「大阪の成長」が演出されていました。そのような高揚感は、一 方では差別や巨大イベント・巨大開発に伴う排除を覆い隠すものでした。そんな中で、私たちは2020東京オリンピック・パラリンピックに対して、さまざまな分野 > からの反対の声を上げてきました。

招致をめぐる巨額の賄賂と「福島はアンダーコントロール」というウソから始まった 2020年東京オリンピック・パラリンピックでしたが、2019年末から始まった新型コロナウイルスのパンデミックの中で、2020年の開催を断念せざるを得ませんでした。

本来、この時点で中止を決定し、コロナ感染対策に全力を集中するべきだったにもかかわらず、当時の安倍首相は「1年後に、人類がコロナに打ち勝った証として開催する」と宣言し、五輪組織委員会も東京都もそれに追随しました。

その後の経過を見れば、2021年7月に「人類がコロナに打ち勝った証として」東京五輪を開催するという全く非現実的な方針が日本政府のコロナ感染対策を歪め、第二波、第三波の感染の下で多数の犠牲者を出し、医療崩壊の危機を招く大きな原因となったことは明白です。開催方式をめぐる五輪組織委員会の迷走と、森発言をはじめとする一連の醜態は、オリンピック・パラリンピックが誰のためのものかを見事に暴露してしまいました。世界の平和や、アスリートが主役という建て前は語られることもなく、ただ利権と国家の威信だけが五輪組織委員会を動かしています。

また、五輪強行開催のために、ワクチンへの期待が煽られています。大部分の専門家が過剰な期待に警告を発しており、また、国際機関でもワクチンをめぐる国益や企業利益(知的財産権)が問題とされている中で、冷静な議論が必要です。このままでは東京五輪はワクチンの巨大な人体実験のためのイベントとなりかねません。

各種世論調査でも東京五輪は「中止すべき」あるいは「再延期すべき」という声が圧倒的多数です。しかし、聖火リレーが始まった今、もはや政府や関係者に冷静な判断を期待することはできません。私たちの力で暴走を止めるしかありません。私たちは五輪を「中止すべき」あるいは「再延期すべき」という声を、具体的な行動へと結集し、東京五輪中止、利権と国家の威信のための五輪の廃止を実現するために、共に闘うことを宣言します。

大阪:3月、4月のデモから

東京「聖」火リレー反対デモ(3月25日)

福島はオリンピックどごでねえ(3月17日)

帰還困難地域が多く存在し、住民の生活は破壊されたままだ。除染で出た汚染土が駅の脇に山積み。