イベントを読み込み中

« イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

7月8日: オリンピックは中止!命をまもれ!子どもの観戦動員をやめろ! 聖火リレーをやめろ、バッハ来日反対・アルタ前街宣アクション

7月 8 @ 6:00 PM - 7:00 PM

 

(報告)レイバーネットより転載

今もって子どもを五輪観戦させる都教委

新宿アルタ前で怒りの街宣

動画(4分43秒)

 

7月8日、JR新宿駅前で「オリンピックは中止!命を守れ!子どもの観戦動員をやめろ!バッハ来日反対・アルタ前街宣アクション」が取り組まれ、40人が参加した(主催・都教委の暴走をとめよう!都教委包囲・首都圏ネット)。

7月7日現在、東京都内62区市町村中39区市町村で、小中学校の児童生徒をオリンピック観戦させる「学校連携観戦プログラム」について中止が発表されている(7月8日付しんぶん「赤旗」報道)。しかし、毎回東京都教育委員会を傍聴している根津公子さんは、「一か月前の教育委員会でもとりあげられなかった。今日(8日)は取り上げられると思っていたが、まったく(児童生徒の五輪観戦について)取り上げられなかった。これでは、オリンピックを無理やりすすめようとする人たちに都教委や東京都が加担しているとしか思えない」と語った。
↓根津公子さん

街宣終了間際に、スタジオアルタのオーロラビジョンに菅首相が4度目の緊急事態宣言に入ることを告げる記者会見のテレビ報道が実況で流れた。オリンピックが、緊急事態宣言下で実施されるのである。そして、五輪開会まで2週間というのに、子どもの観戦実中止すら都教委は決めていない。都教委包囲・首都圏ネットは、「あきらめずにオリンピック中止を政府にせまろう」と今後予定されている五輪反対の取り組みへの参加と聖火リレー関連の各地のイベント(聖火リレーは中止になってもイベントは予定されている)への反対をよびかけた。(湯本雅典)

日時:7月8日(木)18時~19時
場所:新宿アルタ前
主催:都教委包囲首都圏ネット(連絡先080-5672-1735)

「オリンピック開催観客上限1万人」のニュースに誰もが驚ろかされた思います。いつの間にか中止の議論は消えて、開催が前提となってしまっています。私たちは改めてオリンピックは中止の選択しかないと訴えたいと思います。
菅首相はワクチン接種が進んでいると言っていますが、12歳以下の子どもに接種可能なワクチンはなく、全く目どがたっていません。子どもや若者にも強い感染力を持っているデルタ株によって、爆発的な感染拡大が懸念されてます。しかし、菅首相は「安全安心のオリンピックは可能」としてオリンピックの開催を強行しようとしています。

菅首相の安全安心の根拠とされた「水際対策とバブル方式」は、ウガンダ選手団の感染が発覚し、出迎えの自治体職員などが濃厚接触者となったことで泡と消えました。そもそも「水際対策」が実現可能なら、デルタ株は日本に入ってはいないはずです。
私たち都教委包囲ネットは、子どもの命を守れオリンピック観戦動員反対という趣旨の東京都教育委員会に対して要請を行ってきました。しかし、都教委は各自治体の判断に委ねるとして、子どもたちの観戦動員を中止にはしていません。多くの自治体は、中止を決定しているものの、まだ中止を決定してない自治体の子どもの観戦が強行される可能性があります。都教委は自らの責任で、子どもたちすべての観戦動員を中止すべきです。
私たちは、オリンピックの中止と聖火リレーの中止・バッハ来日反対で街頭宣伝を行います。皆さんの参加をお願いします。

詳細

日付:
7月 8
時間:
6:00 PM - 7:00 PM

会場

新宿アルタ前
東京、新宿 日本

主催者

都教委包囲首都圏ネット
電話:
080-5672-1735