イベントを読み込み中

« イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

(報告)7月14日朝8時段階で集約出来た署名を、広島県に提出しました。

7月 14

7月14日朝8時段階で集約出来た署名を、広島県に提出しました。

バッハ会長〈広島訪問〉の中止を求める有志

2021年7月14日 — 

7月14日8時段階で集約出来た54,546筆をプリントアウトし、広島県「平和推進・プロジェクトチーム」に、10時過ぎに持参しました。(この段階でウェブサイト上で確認できた署名数は58,858筆でしたが、ファイルに反映されるには少し時間がかかります)。

対応された職員お2人(栗原さん・山崎さん)に、バッハ会長の広島訪問の受け入れを断るよう(この声を県知事に伝えるよう)強く要望して来ました。

バッハ会長の広島訪問が中止されるまで、この署名活動は続けます。そして残念ながらバッハ会長がじっさいに広島してしまったら、そのさなかも反対の声を集め続けるしかないと思います。

広島県に署名を持ち込むことを決めた13日午後の段階では、署名筆数は1万7000千余りで、2万筆集めることを目標にしました。ところが筆数は5万8千を超え、何とそれから16時間でいっきに4万筆が集まったことになります! バッハ会長広島訪問反対の声の大きさ・広がりを実感するだけでなく、なんだか怖いくらいの反響の大きさです。

広島県・広島市は、短時間でこれだけ集まった強い意思表示や怒りを無視し、本当にバッハ会長を「歓迎」するつもりなのでしょうか? その姿勢が世界に発信されて、本当にそれでいいのでしょうか? 今からでも遅くない。「県民・市民の不安・混乱を避けるため」、「バッハ会長のセキュリティに対する懸念」、行政としての口実はいくらでもあります。どうぞ慇懃に「お断わり」して下さい。

詳細

日付:
7月 14

会場

広島県

主催者

バッハ会長〈広島訪問〉の中止を求める有志